各国代表で最も多くの得点を決めているのは誰なのか。代表戦では普段ともにトレーニングを積むクラブチームメイトとは違い、僅かな期間の中で結果を残さなければならない難しさがある。

そこで今回はこれまで母国の代表として試合に挑み、多くの得点を決めてきた選手たちを紹介する。


23位 ズラタン・イブラヒモビッチ

スウェーデン代表 62ゴール

23位 ロナウド

ブラジル代表 62ゴール

22位 ディディエ・ドログバ

コートジボワール代表 65ゴール

20位 リオネル・メッシ

アルゼンチン代表 68ゴール

14位 ミロスラフ・クローゼ

ドイツ代表 71ゴール


8位 バシャール・アブドゥッラー

クウェート代表 75ゴール

8位 シャーンドル・コチシュ

ハンガリー代表 75ゴール

7位 ペレ

ブラジル代表 77ゴール

6位 フセイン・サイード

イラク代表 78ゴール

5位 ゴッドフリー・チタル

ザンビア代表 79ゴール


4位 釜本 邦茂

日本代表 80ゴール

日本代表レジェンド釜本邦茂氏が4位にランクイン。釜本氏が世界のストライカと肩を並べる84試合で80ゴールを決めており、いかに優れたストライカーであったかが分かる。


3位 フェレンツ・プスカシュ

ハンガリー代表 84ゴール

1950年前半から1954年までの約4年間無敗を続けたハンガリー代表の中心選手だったプスカシュ。2009年以降、FIFA主催大会の試合で最も優れたゴールをした選手に贈られるFIFAプスカシュ賞は彼の名が由来だ。


2位 クリスティアーノ・ロナウド

ポルトガル代表 88ゴール

2位はクリスティアーノ・ロナウド。昨シーズンポルトガル代表から離れる時期もあったC・ロナウドだが代表戦では88ゴールを決め現役選手の中ではトップの成績を残している。


1位 アリ・ダエイ

イラン代表 109ゴール

C・ロナウドメッシ、ペレなどを抑えてトップに立っているのはイラン代表のレジェンド、アリ・エダイ。149試合に出場しし109ゴールととんでもないゴール率を記録した。