雨上がり決死隊・宮迫博之とロンドンブーツ1号2号田村亮が20日に行った、反社会勢力からの金銭授受についての謝罪会見を受け、多くの芸人仲間からコメントがあがっている。

 田村亮の相方・淳は、会見後にツイッターを更新。「正直者で真っ直ぐな亮が戻ってきて安心しました」と、相方が正直に話したことに安堵している様子を見せた。

 陣内智則は「色んな感情で全て観ました。二人の偽りのない会見だと思う。亮のファミリー発言が全て。僕たちは笑いが大好きで大好きでお笑い日本一だと信じた吉本興業に入ったんです」と心境をつづっている。

 宮迫と何度も番組で共演している、さまぁ~ずの三村マサカズは、ツイッターで「やっぱり笑いはいいなぁ。幸せになれるよ。吉本の芸人たちも頑張ってほしい。月が変われば流れも変わる」と吉本芸人を激励していた。

 TBS系の情報番組『新・情報7DAYS ニュースキャスター』に出演したビートたけしは「闇(営業)って言っているけれど、それをやらなきゃ食えないような事務所の契約はなんだ。家族がいて食えないようにしたのは誰なんだと。だったら雇うなよ、最低保証くらいしろよ」と、吉本興業の体制を批判した。
AbemaTV/『AbemaNews』より)
 

【ノーカット】雨上がり宮迫さんロンブー亮さん謝罪会見

宮迫博之・田村亮の謝罪会見を受け、ビートたけしや陣内智則らがコメント