外回りサラリーマンには厳しい、暑い時期になってきた。まだまだ真夏にネクタイを締めるような企業も多いが、IT企業や外資系を中心に「ノーネクタイ・ジャケパン」を推奨する企業も増えてきた。

 関西メーカー専門の転職エージェントである株式会社タイズが行った、クールビズと採用選考に関する調査では「勤務先がクールビズを実施している」と回答した人は、全体の61.9%だった。まだまだ4割近い企業が未導入ということになるが、日本にも徐々にクールビズ文化が根付いてきたと言えそうだ。

 今回はクールビズにおすすめのユニクロで買うべきアイテムベスト3を『ユニクロ&ツープライススーツの上手な使い方』(WAVE出版)などの著書がある森井良行氏に選んでもらった(画像はオンラインショップより)。

ベスト3:エアリズムポロシャツ(半袖)

エアリズムポロシャツ(半袖)
「エアリズムポロシャツ(半袖)」¥1,990 +消費税
 ポロシャツが許容される職場であれば、このエアリズムポロシャツが、断然おすすめです。

 ビジネス仕様に近づけている一品だからです。ポロシャツといえば、鹿の子生地と呼ばれるメッシュの質感が特徴的です。このポロシャツ鹿の子織りが細かいため、通気性を保ちながらも、エレガントな見た目を保っています。

 また、襟は張りがある生地を別途採用しているため、カジュアル過ぎません。

ベスト2:感動ジャケット(ウルトラライト)

感動ジャケット
「感動ジャケットウルトラライトウールライク・丈標準)」¥5,990 +消費税
 ノージャケット姿が認知されているクールビズにおいては、サマージャケットを羽織るという文化はいまだ根付いていません。ですが、強めにエアコンが効いた部屋、初対面の取引先と会うときなど、ピンポイントでサマージャケットが欲しくなることもあります。

 このジャケットの嬉しいところは、カバンに畳んで持ち歩いてもシワをさほど気にせず、羽織れるというところです。折りたたみ傘感覚で、バッグにサマージャケットをしのばせる分にはコスパが抜群に良いのです。

 普段ファッションビル百貨店などで自身のサイズ感を覚えている方はワンサイズ下をお薦めしています。身長172センチ・体重65キロの私でSサイズくらいを選んでいます。

ベスト1:感動パンツ(ウルトラライト・ウールライク)

感動パンツ
「感動パンツウルトラライトウールライク)セットアップ可能」¥3,990 +消費税
 2017年春から登場した感動パンツ。そのキャッチーなネーミングに目が行きがちですが、品質も年々進化し続けています。特に、2019年ウールライクはそのシャリっとした質感が軽量ながらもサマーウールの質感がキレイにでています。そして、この質感がワイシャツドレス感によく馴染みます。

 ノージャケット・ノーネクタイ姿の半袖シャツスタイルマッチするからこそ、クールビズおすすめ1位にランクインしました。汗をかいてもすぐに乾くさらっとした肌触りも気持ち良く、機能性と見た目のバランスの調和がとれています。

 2位の感動ジャケットと合わせ、セットアップとして羽織れる感動パンツです。

TEXT/森井良行>

【森井良行】

株式会社エレガントカジュアル代表取締役。’79年 千葉県出身。のべ4000人を超えるビジネスマンの買い物に同行する服のコンサルタント。公式サイト「エレカジ」、メールマガジン「服のコンサルタント森井良行が伝える『好印象のレシピ』」随時更新中。著書多数

「エアリズムポロシャツ(半袖)」¥1,990 +消費税