今年上半期の芸能トピックのひとつに、南海キャンディーズ山里亮太と女優・蒼井優の“美女と野獣婚”が挙げられる。かつては、所属する吉本興業が毎年発表している「ブサイクランキング」の上位常連だった山里。今では、レギュラー本数10本超えの超売れっ子。結婚発表の際には、大の努力家であることが仕事仲間の証言で明らかになり、好感度はうなぎ登りだ。

 2人が出会ったきっかけは、相方・しずちゃんが出演映画『フラガール』で共演した友人の蒼井を含めた食事会。恋のキューピットが相方だったという馴れ初めは、3人全員の好感度を大いに高めた。

 幸せのシンボルとなった山里だが、数多のレギュラー番組の一つに『ひねくれ3』(テレビ東京系)がある。これは、すでに実生活では、ひねくれを卒業してしまった山里が、いまだ現役のハライチ岩井勇気三四郎・小宮信浩との3人で、未来を変える挑戦者の野望をひねくれ検証しながら、明日を生き抜くヒントを学ぶトーク番組。ナレーションは、マキタスポーツ。イキなメンツがそろっている。

 結婚後、精神がさらにたおやかになったのだろう。花火を見ると泣けてくるようになった山里に、「(ここは)『ひねくれ3』だぞ!」と番組趣旨に伴った刃を向ける岩井。彼が番組イチ正論派にして理論派、的を射ている。偉大なるバランサーといえる。

 3人を冷静に分析したのは、松竹芸能に所属する現役プロレスラースーパー・ササダンゴ・マシンぽっちゃり体型で緑色のマスクをかぶっているササダンゴは、実家の新潟県で親の会社・坂井精機株式会社を継いで、専務取締役に就く会社員でもある。プロレスラーとして身を置く団体・DDTでは、パワーポイント、略してパワポを駆使したキャラクターで大人気。バラエティ番組でも、パソコンや大型ビジョンモニターを利用したプレゼンテーションシステムで、初心者にわかりやすく解説・説明している。

 そんなササダンゴいわく、「『ひねくれ3』はエスタブリッシュメント・バラエティ」。権威的な人や物事をおもしろおかしく切り込むバラエティ、となるようだ。

 山里、岩井、小宮が集まった場所には基本、ひがみ、妬み、嫉み、ひねくれが渦巻く。それをエスタブリッシュメントという横文字を使うことによって、知的という膨らみを持たせた。この部分を担っているのが、紅一点乃木坂46・秋元真夏だ。番組の公式Twitterのフォロワーのおよそ7割が、秋元ファンだという。

 つまり、乃木坂を、“努力の天才”山里と“0から1を生み出す毒舌王子”岩井と“天然と破天荒の夢のハイブリッド”小宮が囲むバラエティというわけだ。もはや“ひねくれ坂46”。ビッグウェーブに乗りまくる山里効果にあやかって、1回でも多くの番組改編期を乗り越えてほしいものである。

(伊藤雅奈子)

南海キャンディーズ・山里亮太