自分が本当にやりたいことを探して、瀬戸内海にある山口県の小さな島「牛島(うしま)」で塩づくりや野菜づくり、さらには魚釣りに明け暮れるサッカー元日本代表FW・久保竜彦さん。いまサッカーに対してはどう考えているのだろうか。インタビュー2本目は、今まであまり語ってこなかった日本代表時代の胸のうちを明かす。(全3回の2回目/#1#3も公開中)

◆ ◆ ◆

ーーいま、サッカーに対してどんなスタンスをとっているのでしょう?

久保 友だちから言われて、サッカースクールみたいなのに参加することはあるけど、ああじゃこうじゃと言わなきゃいけないやつは面倒臭いのでやってない。好きなようにできて、好きな人とならやるって感じですね、サッカーは。ちゃんとしたコーチングとかは別に考えてないです。無免許だし(笑)

 ただ、子どもたちと一緒にやるのは好きやし、小学校のときが楽しかったというイメージが自分の中にも残っているけえ、やっているんかなって思う。

マラドーナみたいになりたいなと思って」

ーーそもそも久保さんがサッカーを始めたきっかけは? 

久保 もともと自分は野球をやっていたんです。だけど、小3のときに指をケガしちゃって、1年ぐらいグローブをはめれんかったんです。遊んでいるときに、小指の先を切っちゃって、先がブラーンととれかかった。で、母ちゃんと病院に行ったら、先生から「足の指をつけたほうがいい」って言われたけど、母ちゃんがそれは絶対ダメや、手の指をつけてって言ってなんとか残したんです。だから、いまも少し指が短い。すごく痛かったけど、泣きはしなかったですよ。ただ、匂いだけは覚えてますね。肉の匂いというか、いまも思い出します、あ、これあんときの指の肉の匂いや、って。

ーー足の指を切って移植しなかったから、サッカーができた。

久保 そうすね。その頃、ちょうど「キャプテン翼」が始まって、あと、マラドーナを見て、マラドーナみたいになりたいなと思って、のめり込んでいったんです。

 小4のときにメキシコW杯があったんだけど、友だちの家が電気屋で、録画したビデオを見に行ってたんです。うちにはビデオデッキがなかったから。それをずっとやってるけえ、父ちゃんがビデオデッキを買ってくれて、ダビングしたビデオを見てましたね。マラドーナ特集のビデオとかは繰り返し見てました。

 高校を卒業した久保さんは、1995年サンフレッチェ広島に入団する。

ーー監督やコーチとは折り合いはついたんですか。

久保 やっぱ、合う合わんはあるし、好き嫌いはあるけ。若いときはキーパーコーチと練習してましたね。シュートを決めたかったから。どういうフォームがキーパーから見てわかりにくいのかとか、いつも居残ってシュート練習してました。サンフレッチェの加藤(寿一)さんにああじゃこうじゃいいながら。キーパーの盲点みたいなのを知りたかったんです。一緒に入ってクビになる選手とかいっぱいいるし、どうしても生き残りたかったし、試合に出たかったから、練習はしてました。

トルシエ監督は大嫌いだったし、チームにも馴染めなかった」

 入団2年目には早くもリーグ戦22試合に出場、独特の嗅覚で得点を入れ初め、98年には32試合で12得点をあげ、レギュラーに定着。同時にフィリップ・トルシエ監督によって日本代表に招集され、代表デビューを果たした。

ーートルシエ日本代表に呼ばれたときは、あまり積極的ではなかったんですよね。トルシエが嫌いだった?

久保 監督は大嫌いだったし、チームにも馴染めず、合宿でもひとりでメシ食ってました。丸テーブルで食事するんだけど、早い時間に行くか、遅い時間にずらして一番遅く行くか、1年ぐらいそんなことをやっていた。みんな小さい頃から一緒にやっているアンダー世代や井原(正巳)さんやゴン(中山雅史)さんみたいなすごい先輩たちで、エリートで、自分だけ田舎もんというか、バカにされているよう感じがあったんです。

 トルシエは、その態度とか、接し方がもう無理で……。指導の仕方も、雰囲気も、一緒におりたくない感じでした。顔を合わせれば、なんかふっかけてきて、細かいこと言ってきて、バカにされている感じがした。実際、通訳のダバディは、もっとひどいことを言っているから、訳せんけどって言っていたし(笑)

後々気づいたトルシエの考え

 ただ、あの人も、わざとやってたというのもね、後々には気づくんです。力を引き出そうとして。やっぱ、自分がプロとしてしょぼかったけえ、まあ、W杯も出られないし、本当に子どもだったというか。自分がアホやったみたいな……。

 トルシエからは、サッカーやめた後に、何回か電話をもらいました。高校の後輩がフランスのニースで料理人やっていて、そこにトルシエもよく来ていて、「元気か」みたいな感じでかけてきてくれて。

当時、取材嫌いだった理由

ーー結局、代表には馴染めなかった?

久保 1年ぐらいして、淳さん(三浦淳寛)が代表に入ってきて、同じ九州ということで、初めて声をかけてくれて、うわあ、高校サッカー選手権で見てた人だ、すげえと思いながら、そこらへんからチームの中に入れるようになっていった。そのあと奥大介さんも入ってきたりして。

ーー久保さんは、記者泣かせでもあって、会見やインタビューで言葉がとにかく少ない。あれこれ質問しても、「そうっすね」の一言で片付けられたり。当時はどういう気持ちだったんですか。

久保 やっぱり、どこかで、そんなの試合を見とったらわかるやん、みたいな思いもあったし。あと、自分は、試合の前にメシ食わず、腹を減らしてやるほうだったんです。だから、試合のあと、一刻も早く帰りたい、メシを食いたい、ビール飲みたい(笑)、というのがありましたよね。そんなことがないまぜになって、「どうでしたか?」って言われても、「わかっとるやろ」、みたいな対応になっていた。

 言葉も持ってないですからね、勉強もしてなかったし。あと、九州の言葉がわからない、何言っとるのみたいなことを最初に言われて、面倒臭くなってた。先輩からも、何言っとんと言われたりしてたし、方言があったから。

ジーコの上手さに「こうなるのは一生無理なんやろなー」

 久保さんは、ジーコジャパンでも招集され、2004年の欧州遠征では、3試合で4得点をあげた。チェコを相手に勝負を決めた左足のゴールはいまも語り継がれている。その強さと豪快さは、世界レベルだった。

ーージーコ監督はどうでしたか。

久保 まず、本当にボールタッチが上手かったです。いままで、自分が間近で見た中では、たぶんジダンとかと同じぐらいに。シュート練習のときとか、ジーコが壁になってくれるわけですけど、強いシュートを打っても、すぽっと止める。ムダのない動きで、普通にさっと動く。キックトラップも。あー、やっぱり、こうなるのは一生無理なんやろな、根本が違うんやな、と思いましたね。練習してどうなるようなものではないというぐらい違いました。ボールをピタッと思うところに止めて、思うところに蹴る。それだけなんですけど、すぐにわかるんです。こいつ、ヘタだな、ズレてんな、というのは。日本人にはああいう人はいない。小野伸二が唯一近かったけど。

 だから、自分の場合、トラップがズレるし、へたくそだから、なるべくダイレクトで蹴ることを意識した。それでなんとか生き残った感じですね。無理がきく身体やったけえ、そこそこ点がとれたんやと思うけど。本当は、ひとり、ふたりディフェンスをかわして、と思い通りやりたくて、練習してたんですけど、やっぱり無理でしたね。

1週間の断食が自分を変えた

 ジーコ監督就任3年目の2004年には9試合の国際Aマッチに出場し、6得点をあげた久保さん。日本代表フォワードとして不動の地位を築き、2006年W杯ドイツ大会の出場は確実かと思われた。が、腰と膝、さらには足首の不調がブレーキをかける。

ーーどんな治療をされたんですか。

久保 膝と腰にステロイド注射をむっちゃ打ってました。注射を打つと、痛みが消えるんですよ。それで100%でできるから、調子いいんですよ。でも、だんだん量を増やしていかなきゃいけなくて、しかもそれが増やしても徐々に効かなくなってくるんです。たぶん気づかないだけで、身体には相当負担になっていたんだと思うけど。

ーー腰痛がひどくなって、山形県高畠の断食道場に通い始めます。

久保 マリノスのフィジカルコーチに教わって、1週間の断食をときどきするようになった。身体がすっきりするんです。酵素風呂に入ったり、酵素を飲んで、あとはひたすら、断食するわけです。5日目ぐらいになると、立つのがやっとでクラクラしてくる。6日目ぐらいからは、息をするのが苦しくなる、息をするのにも力がいるようになる。どうやったら息って楽にできるんやろって、ずっと考えてました。死ぬ前ぐらいまでの、本当にギリギリのところまで行くんです。それで、毒が出る。最後はやばかったです。ねずみ色みたいなウンコがにゅるって出るんです。でも、そこからもう、腹も気持ちがよくて。1ヶ月ぐらいはケツ拭かなくていいんですよ。スポンとウンコが出るから。

 1週間ぐらいかけて食事も戻していくんですけど、集中力は上がるし、体力はつくし、走れるようになりましたね。俺がすっきりしている顔になってるけん、岡田(武史)監督も「なん、すっきりしとんや、俺も行くわ」って来てました。なんか、断食するといい人になりますよ。

W杯メンバー落選を聞いて考えたこと

 久保さんは、ジーコ監督のもと、18試合に出場し、11得点をあげた。FWトップの成績だった。しかし、2006年W杯ドイツ大会の直前、久保さんは、代表を外される。代わって選ばれたのは、巻誠一郎だった。

ーーW杯に行けなかったことはつらかった?

久保 最後の代表合宿を終えてすぐ山形に入って、代表発表の日まで、断食してたんです。で、東京に帰る新幹線に乗っているときに、マリノスの広報の人から電話があって、メンバーから外れたことを知ったんです。ああ、そうなんだとがっかりしたのと、少しホッとしたのと両方でした。出たかったけど、やっぱり身体がゆっくりできるわ、というのもあった。ただ、W杯中に、マリノスの紅白試合とかに出てみると、調子がよくて、もう少し前からきちんとやっときゃよかった、みたいな気持ちはありましたね。結局ずっと、身体に波があって、だましだましやっているような感じでしたから。

ーー久保さん自身の最大の転換点、人間としての成長点のようなものはいつだったのでしょう。

久保 やっぱ、断食したときですかね。断食して考え方が変わりましたね。それまで、自分の感覚でしか受け入れていなかったものが、メシを抜いて、ちょっと苦しくなっていろいろなものの見方が変わった。結局、断食したのも、自分がにっちもさっちも動けんくなってからだったし。ああ、もう本当に自分はダメかな、と思うときに人間は考えるんすかね。

 サンフレッチェ広島横浜マリノス横浜FCなどで活躍した久保さんは、ツエーゲン金沢廿日市FCを経て、引退を決意する。39歳のときだった。

#3に続く)
写真=榎本麻美

(一志 治夫)

牛島で塩づくりをする現在の久保さん