会見に臨んだ候補者の面々

第25回参議院議員総選挙の投開票が7月21日、行われた。10人の候補者を擁立した「れいわ新選組」は同日深夜までに、2議席の当選確実が報道された。

団体は同日夜、候補者8人で会見を開いた。記者から、参院選を巡る報道のあり方について聞かれると、各候補者から不満と苦言が相次いだ。代表を務める山本太郎氏がメディアに対し「もっとガチンコで喧嘩してほしいなと思いますね」と語ると、支援者らからは「そうだそうだ」と拍手が沸き起こった。

「なぜ米国からMMTの話が出てるか理解してないでしょ?よく報道機関だと言えますね」


山本氏は選挙戦で「明らかにおかしな報道が続いている」と感じたと言う。NHKのとある特集について「言葉を選ばずに言うと、どこまで自民党のお尻を舐めるんだろうみたいな。本当に酷いんですよ。争点が全く見えないというか」と語り、酷評した。

東大教授でもある安富歩さんは、インターネットの影響で2議席を獲得出来たと振り返り、新聞やテレビなどの既存メディアを揺さぶった。

「ということは、メディアの皆さんはまもなく、あなた方の存在基盤が失われつつあるということを認識してほしい。大学だってそう。色んな既存のシステムが崩れ始めていることをメディアが認識し対応しないと、この国ごと崩れてしまう」

一方、渡辺照子さんは紙媒体の重要性を指摘する。ネットメディアは芸能も政治も同じ扱いで流すとし、

「紙媒体みたいに濃淡が分かるような扱いをする新聞は大事だと思うんですよ。だからその大事な新聞に頑張ってほしいんですよ」

と語った。

大西恒樹さんはメディアの知識不足を痛烈に批判した。争点になった消費税の廃止について、「税収で政府の借金を返すなんてことはありえないってわかってます?」と問いかけ、

れいわ新選組消費税ゼロを掲げたとき、そこにちゃんとロジックがあると突っ込んでくれれば、与党の言っていることが間違っていると分かる。みなさんの仕事というのは真実を知って暴くことなんですよ。(中略)増税なんてありえない仕組みだということ、なぜアメリカからMMT(編注:現代貨幣理論)みたいなものが出てきているか、ちゃんと理解してます?してないでしょう?それでよく報道機関だと言えますよね」

と辛口だ。「わかった上で報道してほしい。それが世界中の人たちのためになる」とも付け加えた。

支援者から報道陣に「忖度するなよ」のヤジも

セブンイレブンオーナーの三井義文さんは、長年訴えてきたコンビニ問題が解決しなかったことには、メディアの責任もあるという趣旨の発言をした。

ジャーナリストになったとき、真実を伝えたいと思ってなってないですか? いつからサラリーマンになったの? こっちがガチンコで戦ってるところを取材するんだったら、皆さんもガチンコでやってほしいよね。(中略)コンビニの本部は、マスコミなんていくらでも操作できると思っていますよ。舐められているのはあなた達だけだから。これを皆さんが変えてください」

この他、野原善正さんは「反転攻勢の狼煙が上がった感じがしますので、包み隠さず報道して」、蓮池透さんは「タブーを捨てて」、環境保護NGO職員の辻村ちひろさんは「政治部に対して環境部が弱すぎる」と訴えた。会見では候補者の言葉に合わせ、支援者らから報道陣に対し「忖度するなよ」などのやじも飛んでいた。