モンスターとの対戦を要求しているネリ、米記者は「イノウエが本命」と分析

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位ルイス・ネリメキシコ)が20日(日本時間21日)に同4位フアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と米ラスベガスで対戦し、9ラウンドKO勝ちを収めた。WBCシルバータイトルがかけられた一戦で、デビュー以来の連勝を30(24KO)に伸ばしたネリは常々、IBF・WBA世界王者の井上尚弥(大橋)に挑戦状を叩きつけていたが、米ボクシング専門誌「リング」のライアン・ソンガリア記者は「ナオヤ・イノウエが本命馬ということになるだろう」と分析している。

 昨年10月ワールドボクシングスーパーシリーズWBSS)初戦で井上に衝撃の70秒KO負けを喫したパヤノ相手に、山中慎介とのタイトルマッチドーピングと体重超過という2度のスキャンダルを起こし、タイトルを剥奪された問題児ネリは序盤のKO勝ちを宣言していた。だが、中盤まで老練なドミニカの猛者の手数に手こずった。

 それでも、最後はネリがパワーで押し切った。9ラウンドにコーナーに追い詰めると強烈な左ボディショットで、ネリはパヤノをマットに沈めた。元王者対決を制したが、常々対戦要求している二団体王者のモンスター相手には分が悪いと専門家は見ている。

フアンカルロス・パヤノの顔は腫れ、鼻血に左まぶたは閉じていた。ルイス・ネリ相手に9回まで持ち込んだのはある意味驚きだが、これで、ナオヤ・イノウエが本命馬ということになるだろう」

 こうツイートしたのはリング誌のライアン・ソンガリア記者だ。横浜の舞台で開始70秒でのワンツーでパヤノの意識を刈り取ったモンスター。一方のネリはその相手に9回まで粘られていた。モンスター越えのインパクトラスベガスで与えることは困難だったようだ。

 井上戦を常々切望し、挑発を繰り出していた問題児ネリだが、専門家はもし将来的な対戦が実現した場合でも、勝ち名乗りを受けるのはモンスターだと予想していた。(THE ANSWER編集部)

井上尚弥との対戦を要求しているルイス・ネリ【写真:Getty Images】