充電難民。筆者はスマホの電力切れに悩む現代人を、時折そう呼んでいる。むろん、自分もいつ充電難民になるか分からない。スマホは電力がなければただの平べったい箱である。そのあたり、現代人は脆弱だ。どこかでスマホを充電しなければ生きていけないのだから――。

 が、愚痴を言っても始まらない。現代人であればこそ、いついかなる時でもスマホを充電できるよう備えておきたい。ところが、オンラインショッピングで安く手に入れたスマホ充電用品が思わぬトラブルを発生させてしまうということも……。

スマホ充電用品の注意点…急に充電できなくなる!?

 まずはiPhoneの充電について。iPhoneとはもちろんAppleの製品であるが、このAppleは非常に厳格な「MFi認証」というものを設けている。

 そもそもAppleという会社は、充電ケーブル等の付属品に対しても高い技術水準を要求する。安かろう悪かろうの製品に対しては公式認証を与えず、Apple製品に接続しても使用できないよう施しているのだ。

 MFi認証が与えられた充電ケーブルには、Appleから供給されたチップが組み込まれている。だが、Amazonなどの通販サイト安く売られているケーブルの中には、MFi認証を取得していないものも存在する。こうした製品での充電は不可能と考えていいだろう。

 こう書くと、「そんなことはない。MFi認証とやらのないケーブルでもちゃんと充電できるぞ! ほら、見ろ!」と言われ、証拠画像を送られるかもしれない。確かに、今この時点では特に支障がないように見える。だが、OSがアップデートされた途端に今までのケーブルが使えなくなったということがよくあるAppleはちゃんと非認証製品を確認していて、OSアップデートの度にそれをブロックしているのだ。

Amazonでは安易にポチらず、家電量販店で買うべき

 中には、こんな例もある。とある業者が、クラウドファンディングに充電ケーブルを出展した。クラウドファンディングとは世界中のネットユーザーから出資金を募る代わりに後日製品を配送する仕組みだが、製品開発者は出資金を得てから製品の量産化に着手するというケースが大半だ。

 ここで誤算が出ることも当然ある。その充電ケーブルの電源コネクタ規格はAppleLightningだが、なんと出資金調達後にAppleのMFi認証審査から弾かれてしまったのだ。チップが供給されないため、製品の出荷は遅れに遅れた。出資者からは矢の催促である。

 それに耐え切れなかった開発業者は、認証を得ていない製品を生産して出荷した。ようやく届いたその充電ケーブルは最初のうちは役目を果たしたものの、OSのアップデートと同時にただの紐と化した。

 これと同じことは、Amazonで買ったケーブルでも起こり得る。だからこそiPhoneiPadに使用するためのケーブルは、対面販売の家電量販店で購入したほうがベターなのだ。

モバイルバッテリーから白煙が!? あわや大惨事

 次に説明するのは、モバイルバッテリーの注意点である。スマホの電力がなくなりそうになった時、それを即座に回復してくれるモバイルバッテリー。だが、これも充電ケーブルと同様に注意を払う必要がある。

 2018年11月9日、東京発盛岡行きの東北新幹線はやぶさ65号の車内。乗客の持っていたモバイルバッテリーが発火し、その煙を吸い込んだ人が救急搬送されるという事態が発生した。こうした出来事はこれが初めてではなく、以前から「モバイルバッテリーの発火」は問題視されていた。もしこれが新幹線ではなく旅客機だったら、さらに深刻な事態になっている。

 それらを受けて電気用品安全法が改正され、2019年2月1日からモバイルバッテリーのPSEマーク取得が義務化された。PSEマークのない製品は製造、輸入、販売ができなくなったのだ。

 が、通販サイトで流通しているものがPSEマークのある製品とは限らない。これはオンラインショッピングの闇でもあるが、多売を優先して製品の安全性を二の次にする業者が存在するのは事実だ。

 モバイルバッテリーに関しても、先述の充電ケーブルと結論は変わらない。ネット上で見かけたものが家電量販店よりも安いからといって、安易にポチるのは必ずしも賢い選択ではない。<取材・文/澤田真一>

【澤田真一】
ノンフィクション作家、Webライター1984年10月11日生。東南アジア経済情報、最新テクノロジーガジェット関連記事を各メディアで執筆。ブログたまには澤田もエンターテイナー

ネットには格安でスマホ充電用品が売られているが、なかにはとんでもない粗悪品も…(※画像はイメージです。以下同)