「必殺胴回し回転蹴り」をスアキムにヒットさせて流血TKO勝利

 キックボクシングの“神童”那須川天心が21日、大阪で行われた「RISEワールドシリーズ準決勝」でスアキム・PKセンチャイムエタイジムに3回1分13秒TKO勝ち。決勝進出を決めた。試合後にインスタグラムを更新。試合を終わらせた、必殺の胴回し回転蹴りを繰り出す決定的瞬間を画像で公開。「カッコ良すぎます!」などと反響を呼んでいる。

 天心が強くなった姿を披露した。3回1分過ぎ。衝撃の大技を繰り出した。後ろ回し蹴りを、スアキムの顔面にぶち当てた。その瞬間、額から流血。レフェリーはすぐにドクターチェックを要求したが、試合続行不可能とみなされ、天心のTKO勝利が決まった。

 前回の対戦時は判定までもつれた強敵を圧倒。天心が公開したのは、この蹴りを当てるまさに決定的瞬間だ。体が宙に浮きあがり、直撃させた左足のかかとが相手の顔へと向かっている。スピードと、タイミング、すべてが合致しないと決まらない。見事なフィニッシュシーンだった。

 天心は「無事3ラウンドTKO勝利出来ました! 必殺胴回し回転蹴り。狙って打ったものです。色々試そうと思い力み過ぎてしまいましたが無事に勝ててよかったです。対戦してくれたスアキム選手、応援してくれた皆さん。ありがとうございました」などとつづり、この決定的瞬間を切り取っている。

 この投稿にファンからも反響が続々。「胴回しの速さが神でした」「カッコ良すぎます!」「胴回し回転蹴りかっこよすぎました」「本当に素晴らしかった」「天心くん最高!」などと拍手が送られている。

 決勝は9月16日幕張メッセ)、志朗との日本人対決に決定。まだまだ強くなる天心が、今度はどんな大技を繰り出してくれるのか。楽しみだ。(THE ANSWER編集部)

那須川天心【写真:Getty Images】