女子200m個人メドレー全体5位で決勝進出、1日4レースを乗り越えた美女スイマー

 世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日に開幕した。個人種目で金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。初日の女子200メートル個人メドレー準決勝は大本里佳(イトマン)が2分9秒68の全体5位で22日の決勝に進出。2分10秒04で全体6位だった前回大会銀メダルの大橋悠依(イトマン東進)を抑え、存在感を発揮した。

 大本は女子400メートルリレーの予選と決勝(結果は7位)にも出場。この日4本のレースをこなし、タフさを見せた。新ヒロイン候補に挙がる22歳は、最後となったリレー決勝後、1日を振り返った。

「(リレーは)チームとしては私が53秒真ん中で泳がないと日本新の更新は難しいと思っていた。いくら4本目とはいえ、もう少し記録が欲しかった。最後、スウェーデンの選手が横にいるのがわかっていたのに、ああいうところで負けてしまうのが悔しい。個人メドレーは思っていたタイムでいけた。タイムをもっと上げて戦いたい。2分7秒台を目指して練習してきたので、そこを狙って行きたい」

 200メートル個人メドレー準決勝から30分もしないうちに迎えた400メートルリレー決勝。少しでも休みをとるために、本来の第1泳者ではなくアンカーを務めた。初めての世界水泳を存分に満喫した。

「大会の規模は違うけど、今年から海外で試合すること多くなったので、国際大会にも慣れてきたかなと。前みたいに悪い意味で緊張したり、動揺したりすることは今回はない。テレビで見ている世界だったので、自分がそこにいるのが凄い不思議で、怖くなったり、緊張したりする部分もある。そういう弱い自分から成長したいと思って、海外に出るようになったので、そういう経験が生きていると思う」

“鉄の女”ホッスーの隣で力泳「意識することなく、自分のレースできた」

 200メートルと400メートルの個人メドレーで3大会連続2冠で、リオ五輪3冠の“鉄の女”ことカティンカ・ホッスー(ハンガリー)は、2分7秒17と異次元の速さで全体1位。決勝は、大橋や他の海外勢とともに“打倒ホッスー”のレース展開が予想される。200メートル個人メドレー準決勝で、大本は最強女王の隣で戦った。

セッテコリ大会の時は、横にいるのが不思議な感じがあったけど、それを経験してからかどうかはわからないけど、特に意識することはなく、自分のレースができたかなと思います。相手がどうこうではなく、自分が納得できるレースがしたいし、何と言っても初めての舞台なので楽しみたい。ここでヘコたれている自分は嫌だったので、しっかり戦い抜こうとは思いました」

 トビウオジャパンの仲間から「美しい」と声が上がる22歳の飛躍が期待される。(THE ANSWER編集部・浜田 洋平/ Yohei Hamada

女子200メートル個人メドレー決勝進出を決めた大本里佳【写真:Getty Images】