車の盗難でこんな事が起こるのか...というしかない話題!車の盗難でよく最近耳にしていたのは「ワイパーにお金をはさむ」というもの。なんでもその挟まってるお金をなんだこれ?と思って外に出ている間にまんまと車ごと逃げられてしまうという手口ですが、今回話題になっていたこれはそういった類のものでなく、むしろとばっちり的なものでした。

上司が捕まった!?

待ち合わせていた上司が来ずに、身元引受を命じられる。かなり珍しいというか...

事はこうして起こった

社用車のナンバープレートの前側だけ無事で、後ろのナンバープレートが盗まれ、付け替えられていたというもの。こんなの気付かないわ...

無実で捕まっていた上司を助ける

そりゃ無実の罪で4時間も拘束されていたら覇気もなくなりますね...ただただ不幸。

ナンバープレートが前後違うと車を止められ...

システムというもので監視しているため、ナンバープレートで色々なことがわかるようです。そりゃ前後のナンバープレートが違うなんてすぐに止められてしまいますよね。たとえば、その自分のナンバープレートをつけた車が犯罪に使われたらしっかり自分に連絡がきてしまうのでしょうか。恐ろしい。

中野区に車の窃盗団がいるとのこと

被害者とわかっていても容疑者同様に指紋や顔写真を収集されるのはつらい...。

以前、海外のニュースでシングルマザーのメッセージが車の盗難をした犯人の心をうち改心させたことがありましたが、皆様も重々お気を付けください!

画像掲載元:写真AC



画像が見られない場合はこちら
ナンバープレートだけ盗難車と付け替えられて逮捕された上司が不憫すぎる!