初戦は5月26日、巨人-楽天や中日ソフトバンクなど

 日本野球機構NPB)は22日、2020年度のセ・パ交流戦の試合日程を発表した。初戦カード5月26日で、巨人-楽天、ヤクルト-日本ハムDeNA-オリックス、中日-ソフトバンク、阪神-ロッテ、広島-西武の6試合となっている。

 各チーム交流戦試合数はホーム9試合、ロード9試合の計18試合(全108試合)。他リーグの6球団とホームゲームロードゲームで3試合ずつを行うが、2019年ホームゲームで行ったカード2020年ロードゲームで、2019年ロードゲームで行ったカード2020年ホームゲームで行う。

 今年の交流戦は58勝46敗4分でパ・リーグが10年連続14度目の勝ち越し。優勝は11勝5敗2分のソフトバンクで、12球団断トツの8度目の制覇となっていた。来季の交流戦パ・リーグが強さを見せるのか、セ・リーグが逆襲するのか、注目が集まる。(Full-Count編集部)

NPBが2020年度のセ・パ交流戦の試合日程を発表した