2019年7月21日幕張メッセで開催された「ジャンプビクトリーカーニバル2019」のコナミブースにて,トレーディングカードゲーム遊戯王オフィシャルカードゲーム」(以下,遊戯王OCG)の最新情報を発表するステージイベントが行われた。今後の展開や初披露となる新規カードの情報などが公開されたイベントの模様をレポートしよう。

リンク「遊戯王オフィシャルカードゲーム」公式サイト


2020年3月までに発売される新商品と収録カードの情報が公開

 まずは,8月31日に発売が予定されている「リンク・ヴレインズ・デュエリストセット」について。TVアニメ遊☆戯☆王VRAINS」がテーマとなったカードが収録されることが明かされていたが,今回はその中から注目カードとして「ブルートエンフォーサー」が紹介された。
 素材条件は効果モンスター2体と召喚可能と比較的軽く,手札1枚破棄で対戦相手のカード1枚の効果を無効にするか破壊の選択を迫れるという,汎用性の高い強力なカードだ。


 続いて,9月14日発売の「エクストラパック2019」の新情報が公開。海外版のブースターパックに先行して登場したものや海外専用商品だったカードが収録されるという本商品が,「ワルキューレ・エルダ」「未界域のジャッカロープ」という2枚の収録カードピックアップして紹介された。
 9月28日には,「ストラクチャデッキR -ウォリアーズ・ストライク-」が発売される。注目カードは「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」だ。フィールド・墓地から装備魔法カードを除外することで特殊召喚が可能で,ユニオンモンスターといった装備魔法カード扱いのモンスターも代用できる。戦闘時にはフィールドモンスターを装備して攻撃力を高め,モンスターの効果を封じることもできるとのこと。


 ここからは最新情報として10月12日に発売される「イグニッションアサルト」も紹介された。こちらの注目カードとして,TVアニメ遊☆戯☆王VRAINS」に登場するAiが使用していることでもおなじみ「ライトドラゴンイグニスター」がスクリーンに映し出されると,会場からは大きな歓声が上がる。
 同カードは,「@イグニスター」モンスターの数に応じて相手モンスターを大量破壊でき,さらにサイバース族モンスターの戦闘を介して好きなリンクモンスターを墓地から特殊召喚できる効果を持つ。素材がレベル4モンスター×2という,比較的軽い条件である点も注目だ。


 さらに,2019年11月から2020年3月までに6つの新商品が発売され,2020年からは第11期がスタートすることが明かされた。



ショップ限定のカードプロテクター紹介

 コナミカードゲームステーションサテライトショップ限定商品として「デュエリストカードプロテクター六属性セット」が紹介された。
 全6種×各70枚入りで,さらに六属性の「霊使い」がシークレットレア仕様で全6種×各1枚封入される特別セットとなっている。こちらは10月19日3500円(税抜)で発売される。六属性のカラーと特徴をイメージしたデザインとなっており,汎用性が高く使いやすいプロテクターだ。



■予定されている各種大会のスケジュールが公開

 世界中の強豪が集まる「Yu-Gi-Oh! World Championship 2019」は,ドイツベルリンにて8月10日,11日の2日間行わる。日本からは総勢13名の代表選手が出場する同大会は,公式YouTubeチャンネルライブ配信される予定だ。
 そのほか,大学対抗戦の「カレッジチャンピオンシップ」,11月に東京大会が行われる「遊戯王チャンピオンシップシリーズ ジャパン」の情報が公開。デュエリストの祭典「デュエリストフェスティバル」は,熊本県を皮切りにさまざまなエリア“地方出張版”が行われるそうだ。各大会の詳細は続報を待とう。

遊戯王OCGチャンネルの配信元URL
8月10日予選: https://youtu.be/RgigeyEvgUQ
8月11日準決勝,決勝:https://youtu.be/Czq1okJfWOM
リンクYu-Gi-Oh! World Championship 2019 特設サイト


■収録カード1万種突破記念の特別カードが初披露

 10月12日に発売される「イグニッションアサルト」で,カードが累計1万種を突破する。それを記念したカードとして,新しいレアリティ10000(テンサウザンド)シークレットレア」の「万物創生龍(テンサウザンド・ドラゴン)」が初披露された。


 また,1期から10期までに登場したカードを対象とした人気投票企画を発表。各期で1位に選ばれた10枚については,シークレット仕様や20thシークレット仕様となって,10月に開催予定のキャンペーンで配布されるパックに収録される。こちらは7月25日から8月3日まで,1日に1期ごとの投票が行われる予定とのこと。
 さらに「オールカードギャラリー展示」として,東京,名古屋,大阪の3か所で1万種すべてのカードを展示する企画が予定されている。こちらでは伝説のプロモーションカード「女剣士カナン」を新たに制作してプレゼントする企画も検討中とのことだ。



デュエリストサポートするアプリ
■「Neuron」の開発プロジェクトが発表

 デュエリストサポートするアプリNeuron」の開発プロジェクトが発表された。カード検索やライフポイント計算といった基本的な機能に加え,注目の機能として“画像認識によるデッキ登録”を搭載予定とのことだ。


 ステージでは,さっそく注目の画像認識機能が開発中アプリで紹介された。テーブルに向きがバラバラに置かれ,さらに一部が重なっている状態にある10枚以上のカードのすべてを認識。そして正確に登録された光景を見た観客からは驚きの声が上がった。サービス開始時期は未定だが,デュエリスト必須のアプリとなりそうだ。
 最後に,TVアニメの新シリーズ2020年に放送スタートとなることが発表。歓声と拍手の中ステージは終了となった。


リンク「遊戯王オフィシャルカードゲーム」公式サイト


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/408/G040880/20190722018/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
ANALOG 遊戯王オフィシャルカードゲーム

―――――――――――――――――――――――――――――
(C)高橋和希 スタジオダイス/集英社 企画・制作/KONAMI
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2019 Aetas, Inc. All rights reserved.

多くの新規カードも初披露。「遊戯王OCG」の今後の展開を発表する「ジャンプビクトリーカーニバル2019」のステージイベントをレポート