マウスコンピューターは22日、IoTデバイスを活用して家庭内の機器をコントロールする「mouse スマートホーム」の販売終了を発表した。サービス終了日は2022年6月30日

mouse スマートホーム」は、2017年8月に発表された同社のIoT機器シリーズ。「mouse スマートホーム」を制御できる「ルームハブ」を中心に、接続した家電製品の電源オン/オフなどが行える。関連するクラウドサービスの提供も2022年6月30日に終了する予定だ。サービス終了以降は、スマートフォンダウンロードした専用アプリ「EQL Ripple」(iOS)や「mouse スマートホーム」(Android)が利用できなくなり、家電のコントロールも行えなくなる。

○「mouse スマートホーム」終了対象製品

mouse スマートホーム スターターキット「SK01」
mouse スマートホーム ルームハブ「RH01」
mouse スマートホーム ショックセンサー「SS01」
mouse スマートホーム スマートLEDライト「LL01」
mouse スマートホーム スマートプラグ「SP01」
mouse スマートホーム モーションセンサー 「MS01」
mouse スマートホーム ドアセンサー「DS01」
mouse スマートホーム スマート空気清浄機「AP01」
mouse スマートホーム PM2.5センサーPS01」
(村田奏子)

画像提供:マイナビニュース