ネリに9回KO負け、パワーに屈したが序盤の試合運びには拍手

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位ルイス・ネリメキシコ)が20日(日本時間21日)に同4位フアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と米ラスベガスで対戦。WBCシルバータイトルがかけられた一戦で9ラウンドKOでネリに屈したパヤノだが、米メディアは「6回まで互角以上だった」と奮闘を称えている。

 最後は強烈な左フックをボディに受け、問題児ネリに屈した元WBA世界スーパー王者のパヤノだが、中盤戦までの戦いぶりは高く評価されている。

 米ボクシングメディアイーストサイドボクシング」では「元王者同士のハイペースの激突で、パヤノはアグレッシブなネリ相手に序盤成功を収めた。猛攻に後退しながら捌き、ノックアウトアーティスト相手に自らの攻撃を着弾させていた」と分析している。

 さらには「パヤノはこの戦いの序盤の6ラウンドでいずれも互角以上のパンチを着弾させた」とし、下馬評で圧倒的だったネリ相手に優勢だったことを評価している。

本人も戦いぶりに誇り「私は戦士だ。常に前進した」

「私は戦士だ。常に前進し、彼が攻勢に出た際も反撃した。トレーナーはもっと構えてジャブを打つことを望んでいた」

 7回以降にリズムを上げたネリに屈したパヤノだが、試合後にこう語っていたという。

 昨年10月WBSS初戦でIBF・WBA王者の井上尚弥(大橋)に衝撃の70秒KO負けを喫したドミニカの雄。山中慎介相手の2度のタイトルマッチドーピングと体重超過というスキャンダルを起こし、タイトルを剥奪された問題児ネリ相手の死闘で、中盤戦まで見せた老獪さは米国でも高く評価されている。(THE ANSWER編集部)

フアン・カルロス・パヤノ【写真:Getty Images】