凸版印刷は7月22日、フィートと共同で、情報通信研究機構(NICT)の委託研究「自治体向け音声翻訳システムに関する研究開発」(2015年度〜2019年度の5年間)を受託し、自治体窓口業務に対応した国内で初めての音声翻訳システムの研究開発を進めており、今までの研究成果を反映した「実証実験用アプリ(最終年度版)」を、同日より、希望する自治体向けに無償公開することを発表した。

凸版印刷が2018年6月より提供している多言語音声翻訳アプリVoiceBiz(ボイスビズ)」は、自治体の各種窓口や外国人相談窓口、教育委員会を通じて学校現場にも広く導入されている。

本年度はこの研究開発の最終年度となるため、自治体向け音声翻訳の「実証実験用アプリ」を今までの実証結果を踏まえ「実証実験用アプリ(最終年度版)」として、希望する自治体に無料で開放し、同アプリを広く体験できるようにしたという。

アプリでは、外国人の来庁目的である国民健康保険・年金、住民登録、子育て、税金などの窓口で使用する専門用語、コーパス(文章や会話などを蓄積したデータベース)を搭載し、自治体窓口において高い翻訳精度を実現している。

また、これまで自治体専門用語に対応した英語、中国語ベトナム語の3言語に、韓国語ブラジルポルトガル語インドネシア語タイ語ミャンマー語を加え8言語対応となっている。加えて、説明が必要な専門用語については、用語の意味を各言語で解説するサポート機能を搭載しているということだ、

申し込み方法は、Webサイト自治体向け音声翻訳システムに関する研究開発」から「応募要領」「申込用紙」をダウンロードし、所定の手続きを行うとアプリダウンロードできる。

実証期間は2019年7月~2020年1月まで。対象機種はiPad(第5、6世代)、iPad Air(第3世代)で対応OSは10.x以降。対応言語は英語、中国語韓国語ベトナム語ブラジルポルトガル語インドネシア語タイ語ミャンマー語の8言語。費用は無料。
(早川厚志)

画像提供:マイナビニュース