top


 腕一本でボールをつかみ、高速回転させては投げるすんごいロボット。それがきっちりストライクだからぐうの音も出ない。

 計算し尽くした上でのダイナミックボウリング。最近の技術はさすがやな・・・と、感心していたユーザーも、投稿者のネタばらしに驚愕したようだ。

 実はこれ、つい先日ツイッターシェアされまくった映像だが、なんとCGだという。

 じゃリアルって何よ?と聞きたくなるほど現実的なロボットに多くのユーザーが釣られちゃったみたいだよ。

―あわせて読みたい―

ボウリングはストライクを取るだけじゃない。アッと驚くボウリングの凄い技、トリック・ショット映像
何ここ行きたい!かつてのレトロなボウリング場がスチームパンクなボウリングバーになって生まれ変わった!(アメリカ)
ボストンダイナミクスの最新ロボットは鳥型。倉庫内での荷積み・仕分け作業に特化したニュータイプがお披露目
ロボットが自動運転車でやってきて、玄関先まで荷物を運んでくれるという未来がもうすぐ実現!(米フォード社)
動作テストなの?ロボットにあらん限りの暴行を加えたところ、思わぬ展開が待っていた!この映像の正体は?


回転投げでストライク!ボウリングロボが凄すぎた


目にも鮮やかなオレンジ色の「ボウルボット 5000」
パッと見は産業用ロボみたいだが、ボウリングができるらしい。

一本腕でボウルをつかむと…高速回転スタート
そ、そんな回転とか必要なん!?暴走とかでなく?
スクリーンショット-(1554)


と思ったその時、ボールがついに放たれた!
ボールは並んだピンのまんなかにヒット
なんともあざやかなストライクである。
スクリーンショット-(1556)

 いやはやとんでもないロボットだ。こんな投げ方でストライクとは…

 型破りな投げを披露したロボットツイッターですぐ拡散。「すごいロボットやんけ!」ってな調子でシェアされまくった。

おそるべき高性能ロボ。だが実は・・・

 だが実はこれ、投稿者のトム・ コーベンが手がけた架空の映像だった。

 モーショングラフィックデザイナーの彼が、CGでリアルロボットを作りツイッターシェアしたのだ。

 インパクトある映像は7月3日の投稿以降すさまじい速さで広まり、現時点での再生数は1600万回を超えている。

 その中には投稿者が誰かなど知らぬままシェアした者もいる。かなりのユーザーがそのロボットを実在すると思い込んでいたのだ。

これリアルじゃないから。ネタばらしの映像をシェア

 そこでコーベンがネタばらしの投稿を開始。

 リアルではないことを意味するハッシュタグ、#notrealをつけた別のロボット動画をシェアしたのだ。


 ピッチングマシンボールをもれなく打つ正確無比なバッティングロボ、その名も「バットボット 6000」だ。はてどこかでみたような…?

 フォロワーの注意を引いたコーベンは、編集した「ボウルボット 5000」の映像を再び投稿。それは#CGI #animationのダグつきで、実在しないことを知らせるものだった。


 これでCGと気づかないユーザーはさすがにいなそうだが、今回の件はコーベンにとってうれしい出来事だったにちがいない。

次はネタばらし不要なトーマス風クリーチャーが登場?

 ちなみに最近、コーベンはこんなCG動画を投下している。

 きかんしゃトーマスの昆虫系亜種?
 いや、トーマスを吸収した未知のハイブリットクリーチャー?


 ま、これならリアルと思い込まれることなくネタばらしも必要なさそう。一般受けするかどうかは別だけどな。

 この前のボストンダイナミクスめいたロボットといい、もはや動画の真偽すら見分けにくいネットの世界。

 これがどんどん進んだら何も信じられなくなりそうだが、この先は投稿動画を分析するAIとかが当たり前に普及したりするのかしらん。

References:mashable / twitter / twitter など /written by D/ edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52276864.html
 

こちらもオススメ!

サブカル・アートについての記事―

あのクロックスサンダルに手足が付いてクロックマンに進化していた!Twitter民がざわつきはじめる
マニアにはたまらんのか?犬や猫のお尻を塗りまくる「動物好きな大人の為のおしりぬり絵」が販売中!
カニ食べたい?むしろ食べられちゃいたいくらいにカニが好き?ならば巨大カニの掛布団とかどうだろう?
うどん県の人々よ。ドイツではうどんでギター作ってるよ!
良く見つけたし!猫が写っている映画を発見したら投稿するツイッターのアカウント「この映画に猫いる?」

―動画の紹介記事―

ヤギ界にもイケメンがいた!色白で金髪カールがクール。ネットで話題のマレーシアのイケメンヤギ、その名もラモス。
猫界の当たり屋?神出鬼没の猫たちが引き起こす接触事故
生まれた時から無毛。無毛ののウサギに手編みのセーターを
ダブルな円形の虹が幸運度を上げてくれそうなのであやかろう(ブラジル)
乗客はたった1羽のヒナ。巣から落ちた野鳥が、自動車配車サービス「ウーバー(Uber)」でレスキューセンターまで運ばれる(アメリカ)
なんというストライク。ロボットのボウリングの投げっぷりがちょっと凄くない?だが実はこれ...