22日午後、吉本興業の岡本昭彦社長が会見を開き、「反社会的勢力からタレントが金品を受け取ったことを、事務所を代表し深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした。そして、ファンの皆様方、関係者の皆様方、大変ご迷惑・ご心配をおかけし誠に申し訳ございません」と謝罪した。

 また、20日に記者会見を開いた宮迫博之と田村亮については「ああいう記者会見をさせてしまったことに関して、2人に対して深くお詫び申し上げる。非常に辛い思いをさせてしまい、本当に申し訳なく思っている。ついては、処分の撤回を行い、改めて彼らがミーティングの席に立っていただけることがあるならば、弊社・我々としては全力で改めてミーティングさせていただき、いつの日か戻って来てもらえるようなことがあるならば、全力でサポートしたい」と述べた。

 岡本社長の会見は現在も続いており、今日に至るまでの経緯や両者の主張との食い違い、吉本興業としての再発防止策などについて説明するものとみられる。
AbemaTV/『AbemaNews』より)
 

▶岡本社長の会見はAbemaNewsチャンネルで

「2人の処分を撤回し、改めて全力でミーティングさせていただきたい」吉本興業・岡本社長が会見