7月20日に行われた宮迫博之さんと田村亮さんさんの謝罪会見、ここで発表された吉本興業ブラック気質が明らかとなりパワハラが行われていたという爆弾発言が飛び出しました。闇営業から騒動は更なる広がりを見せましたが、ダウンタウン松本人志さんが動いたことにより吉本興業の社長である「岡本社長」が記者会見を開くこととなりました。

岡本社長コメント発表、記者会見

宮迫博之さんは契約解除、田村亮さんも契約解除寸前まで追い込まれた今回の闇営業問題ですが、岡本社長の「全員クビ」発言を受け事態は広がりを見せています。

7月21日に放送されたワイドナショーは急遽生放送となり、松本人志さんが「吉本興業が、このままでは壊れていく」と危機感を持ったことを発言、社長が記者会見を開くべきと意見を述べたと言います。

更には22日のスッキリでは加藤浩次さんが「変わらないなら会社を辞める」と発言し波紋を広げました。

処分撤回を明言

宮迫博之さんについては契約解除という運びでしたが、岡本社長の会見で「処分撤回」を明言しました。

「なんか話が本筋からずれてる」「見とってイライラしかせんわ」「処分撤回ってそんな簡単なら最初から処分するなよ」とネット上では炎上する事態となっています。

吉本興業に松本興業を新設して問題のあった芸人を引き取るという事も提案した松本人志さんですが、

今度吉本興業がどのように変わっていくのか、処分撤回ということは「謹慎処分」等すべてチャラになるのか、そして反旗を翻した芸人達の処遇がどのようになるのかにも注目が集まります。



画像が見られない場合はこちら
吉本興業「岡本社長」会見で処分撤回を発表!→「カンペ読むな!」とネット大炎上!