アニメ「ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-」第3話が、7月20日より順次放送中。大人気スマートフォンゲームFate/Grand Order」に登場するゴルドルフ・ムジークらしきキャラクターが登場して注目を集めている。

 「ロード・エルメロイII世の事件簿」は、三田誠による魔術ミステリーが原作。「Fate/Zero」において、征服王イスカンダルとともに第四次聖杯戦争を駆け抜けた少年ウェイバー・ベルベットと同一人物であるロード・エルメロイII世が、魔術師たちの総本山・時計塔を舞台に、魔術と神秘に満ちた様々な事件に立ち向かう。第3話「雷鳴と地下迷宮」では、お気に入りの喫茶店が休業状態になり、喫茶店へ事情を聞きに向かったロード・エルメロイII世が、調査に入った地下水道不気味な影に襲われてしまう。

 第3話で登場した1人のキャラクターは、ふくよかな体型と特徴的な髪型から見るに、もしやゴルドルフの若かりし日の姿か。Twitter上では、「あの個性的な丸っこさ間違いなくゴルドルフ所長だよな??」「さりげないゴルドルフに笑った」「所長、所長じゃないですか!!」「新所長リリィ!!!」と大盛り上がりした。ほかにも他作品でおなじみのキャラクターたちが登場しており、「ロード・エルメロイII世の事件簿」は、「Fateシリーズ全体を知るファンほど楽しめる部分が多そうだ。

(C)三田誠TYPE-MOON / LEMPC
「ロード・エルメロイII世の事件簿」第3話に「FGO」でおなじみの人物が登場