吉本興業に所属する芸人による一連の闇営業問題を受けて、吉本興業の岡本昭彦社長による記者会見が22日午後2時から都内で行われた。これは、雨上がり決死隊の宮迫博之とロンドンブーツ1号2号田村亮による20日の謝罪会見を受けて、21日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で岡本社長自らVTR出演し会見を行うことを明らかにしたもの。

 執行役員・法務本部長の小林良太氏の経過説明では、ギャラ受領の事実や金額、謝罪会見実施をめぐる吉本興業と宮迫らとの主張の違いが明らかになった。

 報道陣に向かって一礼して会見に望んだ岡本社長。冒頭で、宮迫、田村亮に対する処分を撤回し、2人にミーティングの席につくことを呼びかけ、復帰を全力でサポートすると述べた。「反社会的勢力から結果的に金銭を受け取ってしまう事態が起きた。反社会的勢力の排除が徹底できていなかった。吉本興業お笑いを愛する人たちが会社に不信感を募らせ、先日の会見を行わせる結果となったことはすべて私の責任」と述べ、岡本社長、大崎会長の一年間、50%の減俸を行うことを発表した。

 「吉本興業は全員が家族、ファミリーであると考えております。タレントが最高のパフォーマンスを発揮できるように、われわれがその環境をつくっていくという考えは一度もぶれたことがありません。しかし、その思いが本人たちに伝わっていないことにコミュニケーション不足を痛感しております。多くの芸人が所属する現在、コミュニケーションが不足、真摯に耳を傾けることをおろそかにしていたのではないか。もう一度、一から見直していく所存であります」と、“芸人ファースト”の決意を語った。

 また、「吉本興業が笑いを客様に届けて、笑顔の絶えない社会にするには、まず笑いを届ける才能ある所属芸人たちが自分らしく活躍し、生きていくことができる環境にあることが何よりも大事であるにも関わらず、根本となる信頼関係が揺らいでいる現状に大変責任を感じております。その意味で、宮迫君と亮君は笑いをお客様に届ける芸人であり、彼らが自分らしく才能を発揮できる環境になかったことを、本当の意味で芸人、タレントファーストが実現できていなかったことを、彼らに対して心からお詫び申し上げたい」と、改めて謝罪の言葉を述べた。

 「もし、彼らの気持ちが受け入れてもらえるのであれば、同じテーブルで向かい合って、彼らの思いに耳を傾けて、最善の解決策を考えてあげたいと思います。今回の件に関して、明石家さんまさんに『芸人のことを考えてやってほしい、もちろん被害者の立場もあるだろうけど、もし解除するのなら俺が手伝ってやってもええか』と言われました。松本さん(ダウンタウン松本人志)からは『そういうちょっと間違いを犯した子たちをサポートできるような環境をつくって、それは俺も手伝う』ということもおっしゃっていただきました。その他、いろんなタレントさんや大阪で頑張っていただいているベテランの方が叱咤激励をくださいました」と、さんまや松本らからの助言もあり、宮迫の「契約解除」については撤回すると述べた。

 岡本社長からの謝罪と説明の後、記者との質疑応答が始まっている。20日の会見で宮迫が話した、話し合い中の「テープ回してないやろな」(録音をしていないだろうな)発言については、冗談だったと回答。その他、処分の撤回とはどの芸人のどの処分までを表すのか、宮迫や田村の主張との相違点はどう説明するのか。多くの質問が予想される。

吉本興業・岡本昭彦社長