バイエルン戦の前日練習で披露した華麗テクニック、相手のマークを簡単に回避

 今夏、FC東京からスペインの名門レアル・マドリードに移籍した日本代表MF久保建英トップチームの北米遠征に帯同し、徐々に存在感を高めている。現地時間20日(日本時間21日)に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)初戦バイエルン戦では、チームが1-3と敗れたなか後半開始から出場。冷静なボールタッチチャンスを演出するなど、上々のレアルデビューを果たした。その試合でのプレーに注目が集まるなか、バイエルン戦前日のトレーニングでも、海外メディアが「誰もが称賛」と評した超絶トラップを披露。その反響は今も広がり続けている。

 今季、外国籍選手枠の関係上、レアルのフベニールA(U-19)で選手登録された久保はBチーム(カスティージャ/3部)が主戦場となる見込みだが、今回の北米遠征ではトップチームの選手とともにトレーニングを積み、日々アピールを続けている。

 カナダ・モントリオール合宿を経てアメリカ入りしたが、それまでの練習でも久保は周囲の目を引き付けた。華麗なターンから元フランス代表FWカリム・ベンゼマゴールアシストし、GKケイラー・ナバスを足裏フェイントで翻弄するなど卓越したスキルを発揮。随所で高いテクニックを披露するたび、海外メディアから称賛を浴びている。

 そんな久保がバイエルン戦の前日練習で再び輝きを放った。右サイド深くからスペイン代表DFダニエル・カルバハルが浮き球のパスを供給し、ゴール前に走りこんだ久保は相手が素早く寄せてくるのを視界で捉え、ボールが地面に落ちると同時に左足インサイドの股下トラップマークを回避している。ボール奪取を図った相手のプレスをかいくぐると、右サイドを駆け上がった味方にスルーパスを送り、最後はウェールズ代表FWギャレス・ベイルシュートを放った。これは惜しくもゴールにならなかったが、久保の能力を見せつけた場面と言える。

「みんなが口を開けて驚嘆! レアルの練習でクボの驚くべき華美」と絶賛したのが、ペルーメディアdepor.com」だ。記事では、次のように続けている。

圧巻のテクニックに海外メディアも賛辞「クボの驚くべき華美」

「クボはラウール・ゴンザレス監督率いるカスティージャの選手となるが、トップチームの一員になりたいというのを練習で示している」

 6月9日の国際親善試合エルサルバドル戦(2-0)で歴代2番目の若さとなる18歳5日で代表デビューを飾った久保は、同月のコパ・アメリカ南米選手権)にも出場。その期間中だった同16日にレアル電撃移籍が決まるなど、一気に階段を駆け上がってきた。そんな久保が連日のように注目を浴びており、前日練習でのワンプレーも大きく取り上げられ、「バイエルン戦の前に素晴らしいプレーで驚かせた」と称えられている。

18歳はカルバハルからのロングパスを受け、コントロールし、味方にパスを通した。ベイルゴールを完結させられなかったが、誰もがこの日本人を称賛した」

 レアル公式YouTubeチャンネルでは、久保の股下トラップも収録した前日練習の動画を公開。スペイン紙などもこぞって日本人アタッカーの超絶スキルを伝えており、久保のテクニックに多くの人が度肝を抜かれたようだ。

 バイエルン戦でデビューを果たし、世界的名門で大きな一歩を踏み出した久保。アーセナル(現地時間23日/ワシントンDC)、アトレチコ・マドリード(26日/イースト・ラザフォード)とプレシーズンマッチが続くなか、18歳日本人アタッカーは評価をさらに高めることができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

レアル・マドリードMF久保建英【写真:Getty Images】