19種類から選べるオリジナルデザインのプラスチックパスを用意

2019年10月18日(金)-20日(日)に栃木県ツインリンクもてぎで、MotoGP第16戦日本ラウンドが開催されます。ツインリンクもてぎにはさまざまな見所がありますが、今年注目されているのがV1からV6までの「V席」と言われるシートです。

詳細画像はこちら

V席はスタートゴールラインが見えるストレートに面しており、スタート直後のエキサイティングなトップ争いからゴール時の盛り上がりまでを体感できる人気の観戦場所となっています。

MotoGPクラスの決勝後にはホームストレートで表彰式が開催されるのですが。このとき、V席をはじめとする一部の観覧者のみ、開放されたホームストレートコースに出て表彰式を間近で見ることができるという大特典もあります。

詳細画像はこちら

そんな魅力あふれるV席ですが、今年はさらに見逃せないポイントがあります。今年のV席の入場券は、関係者のクレデンシャルのようなプラスチックカードになり、人気のライダーモチーフにした19種類ものオリジナルデザインが用意されているのです。

19種類のうち、9種類はそれぞれのファンシート専用のデザインで、V1〜V6のV席は10種類のなかから自分の好きなデザインを選ぶことができます。

こちらはV1〜V6(ファンシート除く)用のデザイン。10種類が用意されています。
詳細画像はこちら

詳細画像はこちら

ファンシート専用デザインは、全9種類です。人気なのはロッシ選手、マルケス選手、中上選手だそうです。
詳細画像はこちら

詳細画像はこちら

しかし、この好きなデザインを選べるチケットの申し込み締め切りが迫っています。自分が好きなデザインのチケットを手に入れるには、7月31日にまで申し込む必要があります。せっかくの記念になるプラスチックパスですから、この機会は絶対逃したくないもの。うっかり締め切りが過ぎてしまうことがないよう、早めにチェックしましょう!

詳細画像はこちら

(諸星陽一)

【関連リンク

ツインリンクもてぎMotoGP日本チケットグランプリ「チケット情報(ビクトリースタンド)」
https://www.twinring.jp/ticket_m/motogp/seat-v.html

【MotoGP日本グランプリ・プレ情報】今年のMotoGPをどこで見る? ビクトリースタンドを予定しているなら7月31日までに申し込まないと損するゾ(http://clicccar.com/2019/07/22/883273/)