バイエルン18歳デイヴィスとのマッチアップに完勝

 海外サッカースペインリーグ1部レアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英が20日(日本時間21日)、インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)初戦のバイエルン・ミュンヘンで後半から出場。レアルデビューを飾った。圧巻のスキルや、絶妙なスルーパスでスペインメディアからも賛辞を贈られた久保。クラブ公式はあるプレーに「このボールさばき…」と感嘆をつづり、動画で脚光を浴びせている。

 デビュー戦でいきなり存在感を放った久保。クラブ公式ツイッター日本語アカウントは「久保のこのボールさばき…」と記し、驚きと雷の絵文字つきで脚光を浴びせたのは、タッチライン際でのバイエルン18歳アルフォンソ・デイヴィス(カナダ)とのマッチアップシーンだ。

 デイヴィスがキープしようとするところで、背中越しにプレッシャーをかけ、ボールを奪った久保。タッチに出かけたところで左足でボールを触り、巧みに相手を振り切ってマイボールに。1対1の強さも見せつける、見事なプレーに、スタンド最前列のレアルファンも拍手を送っていた。

 マッチアップしたデイヴィスも同い年で、米メジャーリーグサッカーMLS)からリーグ最高額の1300万ドル(約15億円)の移籍金で今年1月にバイエルンに正式加入した神童。直接対決で見事に相手を上回るプレーを披露した。

 このシーンを切り取り、レアルが脚光を浴びせると、ファンからは「後ろのサポーターの方々が喜んでるのがなおいい」「ポテンシャル高いですから」「このボールさばきくらいは当然と思われなければ…」などと反響が寄せられていた。(THE ANSWER編集部)

レアル・マドリードの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】