TVアニメアイカツフレンズ!』の友希あいね役・松永あかね春風わかば役・逢来りんのインタビューが、「アニメディア8月号」に掲載中。超!アニメディアでは、掲載しきれなかった部分を含めたインタビューをご紹介。



――逢来さんは2018年に行なわれた「アイカツフレンズ!ミラクル声優オーディション」に合格し、『アイカツフレンズ!』で春風わかば役でデビューとなりました。オーディションに合格したときは、どんな気持ちでしたか?

逢来 アイカツ!』は昔から大好きで、まさか自分が出られるなんて信じられなくて、本当にうれしかったです。オーディションの最終審査会場にはお母さんも来てくれていたんですけど、お母さんは私が「声優になりたい」ってずっと言っていたのを知っていたので、泣いて喜んでくれました。本格的にお芝居の勉強をするのは初めてですし、しかも絵に合わせて演技をしなくちゃいけないアニメアフレコはとても難しくて、すごく大変です。

松永 りんちゃんは演技経験がないところとか1年前の私と共通点が多いから、他人とは思えないんです。アフレコ現場でりんちゃんが音響監督さんにいろいろなことを教わっているのを見て、「私も1年前はこんな感じだったな」と懐かしく思っていました。私からもいろいろなことをアドバイスしてあげたいんですけど、どうしても言葉を選んじゃって、あまりうまいアドバイスをしてあげられていないんです。でもりんちゃんは、私と一緒のオーディションからデビューした(二ノ宮)ゆいちゃんみたいになんでも器用にこなすタイプだと思うので、あんまり心配していないです。

逢来 でもあかねさん、いろいろ気遣っていただいているので助かっています。ゆいさんとあかねさんと3人で出演しているラジオ『ラジカツフレンズ!』でも、うまくしゃべれない私に話を振ってくださるので。それでもあとでラジオを聴き返すと「私だけ全然しゃべってないな」って思います……。

松永 私もアフレコとかで木戸(衣吹)さんや美山(加恋)さんにたくさん助けられてきたので、「今度は私がりんちゃんを助けなきゃ!」って思っているんです。でもラジオは間を開けちゃいけないからなかなか難しくて。りんちゃんは、もっとしゃべってくれて大丈夫だからね!



――逢来さんと松永さんは、お互いの印象について、どのように感じていますか?

逢来  (松永)あかねさんに初めて会ったのはオーディションのときだったんですけど、そのときはおっとりした人なのかなという印象でした。でもアフレコ現場とかで、すごくきびきびしている姿を見て、かっこいいなと思いました。見習いたい部分がたくさんあります。

松永  そういうことを言ってくれる人は(逢来)りんちゃんだけなので、本当にうれしいです(笑)。りんちゃんはオーディションで初めて会ったときから歌もダンスも上手な子だなという印象でした。現場に来るたびにうまくなっている印象があるので、私も頑張らなくちゃって思います。明るく社交的で、なんでも笑顔で受けとめてくれるところもかわいいです。

逢来 ありがとうございます!わかばはあいねに憧れてアイドルを目指しました。私も今、あかねさんを目標にして頑張っているんですよ

――逢来さんは、先輩方やスタッフの方たちからもらったアドバイスで、とくに印象に残っているものはありますか?

逢来  (菊田浩巳)音響監督さんから「失敗しても間違えても、みんなが教えてくれるから大丈夫」と言っていただけたことが印象に残っています。私、アフレコのときはどうしても緊張しちゃって、手が震えてしまうこともあるんですけど、音響監督さんにそういうふうに言っていただけて、少し安心しました。

松永  私からりんちゃんによく言っているのは「焦らないでいいよ」ってことですね。私も最初のころは「自分はちゃんとできているのか」「成長できているのか」と不安になったこともありましたけど、アフレコライブなど、いろいろな経験を経て成長してきましたから。

逢来 あかねさんが気にかけてくれて本当にうれしいです。アフレコでは自分がいない話数も見学をさせてもらい、ガヤに参加することもあるんですけど、いまだにマイクの前に立つと緊張しちゃいます。

松永 私だっていまだに緊張しているけど、いまはとにかく「楽しもう」って思っているんです。りんちゃんもたぶん、もうちょっとすれば緊張も楽しめるようになると思うよ。

逢来 ありがとうございます。頑張ります!

――わかばが初登場した54話の感想を教えてください。

松永 あいねにとって初めての後輩が出てくるってことで、やっぱりうれしかったです。わかばはすごく明るくて勢いのある子なので、私も勢いに飲まれないよう加減をしない演技を心掛けていました。(わかばオーディションで選んだ、先輩アイドルの明日香)ミライさんは厳しそうで大変だろうなと思うんですけど、頑張ってほしいです。

逢来 54話のアフレコはとにかく緊張しすぎて、何があったか全然覚えていないんです……。実際に放送された映像を観たときは、もちろんうれしかったですけど反省点も見えてきたので、ちゃんと見返すのは大事だなって思いました。

――8月発売の「アイカツフレンズ!」のドラマCDはあいねと湊みおフレンズピュアパレット」とわかばが交流するエピソードと聞きました。収録の思い出や聞きどころなどを教えてください。

松永  TVアニメ本編は最近、(天翔)ひびきアリシア(シャーロット)のフレンズ再結成に向けた話など、けっこうシリアスな展開が続いていたと思うんですけど、今度のドラマCDは思いっきり笑えるお話です!「ピュアパレット」とわかば、そして「ハニーキャット」と「リフレクトムーン」の各フレンズも登場するんですけど、お仕事じゃなくてプライベートで楽しそうにしているみんなの姿が描かれていて、すごく新鮮でした。絵がないから自分で状況をイメージしながらセリフを録らなくちゃいけないというのが難しかったですけど、収録はすごく楽しかったです。

逢来 収録のときは、あかねさんがノリノリだったのを覚えています。あいねが森の中にいたわかばを“クワガタ”と間違えるシーンがあるんですけど、実際に虫取り網を振りかぶっているような動きをしながら演技をされていて、それがすごく面白かったです。

松永 木戸さんが振り切っていた演技をしていたので、私も楽しくなっちゃったんですよ。いまりんちゃんが挙げたシーン以外にも、クスリと笑えるシーンセリフがいっぱいなので、ぜひ聴いてほしいです。

――ドラマCDでは、あいね&わかばバージョンの「みんなみんな!」が収録されるそうですね。ふたりで歌ってみていかがでしたか?

松永 「みんなみんな!」はすごく元気な曲なので、あいねとわかばのふたりの雰囲気にピッタリだと思います。歌詞もまだまだ成長途上の女の子が頑張るという内容なので、ふたりに合っていますね。

逢来 わかばはあいねの真似をしている子なので、私もできるかぎり似せようと思って収録前にあかねさんの歌声をものすごく研究したんです。そうしたら周りのスタッフの方たちが「似てるね!」とおもしろがってくださっていました。

松永 歌の収録は別々だったんですけど、あとで聞かせてもらったら本当にそっくりでびっくりしました。りんちゃん、コピー能力を持っているのかもしれないです(笑)

逢来 あかねさんとは、もともと声が似ているんだと思います。ラジオを聴いているときも、たまに自分とあかねさんの声の区別がつかなくなることあるんですよ。

――65話以降の見どころや今後の意気込みなどをお願いします。

逢来 話はわかばがメインのお話で、わかばがどうしてあいねに憧れるように なったのか、わかばの個性が爆発するお話になっているので、ぜひご覧になって、わかばに魅了されてほしいです!

松永 私が個人的に楽しみにしているのが、ひびきアリシアが今後フレンズとしてステージに立つのかな、ということです。今のふたりなら、いつかフレンズとしてのステージを見せてくれると信じているので、それを観られるのを楽しみにしています。あと8月17日に、主題歌を歌うBEST FRIENDS!の単独ライブがあるんです。私もりんちゃんも絶対に緊張していると思うので、来ていただけるみなさんは、ぜひ手拍子などをしてくださるとうれしいです。

逢来 8月はドラマCDも発売されますしね。これから暑い季節になりますけど、『アイカツフレンズ!』でもっともっとアツくなりましょう!

――ありがとうございました。先輩の力を借りながら一生懸命に努力することが、先輩に追いつく鍵になりそうですね。

【まつなが・あかね
10月14日生まれ。三重県出身。
ホリプロインターナショナル所属。

【あいら・りん】
5月24日生まれ。広島県出身。
ホリプロインターナショナル所属。

TVアニメアイカツフレンズ!』情報〉
毎週木曜日夜6時25分よりテレビ東京

(C) BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO