[北京/上海/香港 22日 ロイター] - 中国外務省の耿爽報道官は22日、香港の「急進的な」デモ参加者による破壊的な行為は香港に高度な自治を認めた「一国二制度」の根幹を侵していると非難した。記者会見で述べた。香港中心部で21日に、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡る大規模デモの後、一部のデモ参加者が中国政府の出先機関「香港連絡弁公室」に攻撃を加えた。

数千人が弁公室を包囲し、壁に卵を投げたりスプレーで落書したりしたため、警察がゴム弾や催涙ガスを使用して排除した。[nL4N24M1AB]

中国国営の新華社は論説文で「中央政府に対する露骨な挑戦」であり、容認されるものではないとした。

新華社は「このような違法行為は、香港の人々を含む中国人民全体にとって容認できないものだ。暴力や挑発行為の激化により、暴徒と背後の勢力を完全に暴露した」とした。

中国は一連の暴力行為は「無法状態」と「外国の介入」により引き起こされていると絶えず批判している。

香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官も弁公室に対する攻撃は香港の主権に対する「挑戦」と述べ、どのような形の暴力行為も許されないと強調した。

*内容を追加します。

 7月22日、中国国営の新華社は論説文で、21日に香港中心部で行われた中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡る大規模デモの後、一部のデモ参加者が中国政府の出先機関「香港連絡弁公室」に卵を投げるなどの攻撃を加えたことについて、「中央政府に対する露骨な挑戦」であり、容認されるものではないとした。(2019年 ロイター/TYRONE SIU)