横浜市内の病院で遊離体切除、ドリリングの手術

 日本ハムは22日、松本剛内野手横浜市内の病院で右肘関節遊離体切除、ドリリングの手術を受け、無事に終了したと発表した。

 退院後は千葉・鎌ケ谷市内の球団施設でリハビリを行う予定。実戦復帰までは3か月の見通し。(Full-Count編集部)

日本ハム・松本剛【写真:石川加奈子】