高視認性安全服で夜間事故を減らし交通安全を提案、墜落制止用器具で高所作業での事故防止を提案など、大阪のユニフォーム販売会社が業界最大級のイベントを昨年に続き開催。
大阪を中心にユニフォーム・作業服・作業用品を販売する株式会社たまゆら(本社:大阪府枚方市南中振3丁目5-1、代表取締役:岡本哲)は、2019年9月12日(木)グランキューブ大阪(大阪国際会議場)3Fイベントホールで「働き方改革」をテーマとした「たまゆらフェスタ2019~つなぐ、つながる、ヒト、モノ、未来~」を開催いたします。
ユニフォームの専門家だからこそ出来る数々の「働き方改革」の実例を提案
枚方で創業し50数年に渡り地元の皆様に支持されてきたユニフォーム販売のたまゆらが昨年に引き続き「たまゆらフェスタ2019」を開催いたします。この展示会で中心となるのは、「働き方改革」をコンセプトユニフォーム(作業服・事務服・物販サービスなど)・作業用品(安全靴・ヘルメット・手袋など)の50社以上のメーカーが揃う大提案会です。ここでは、「社会貢献」につながる数々の「働き方改革」の実例を提案いたします。一例では、現在では猛暑下の建設現場で多く採用されている電動ファン付きウェアの建設現場以外での活用例を実例交えて提案いたします。他にも当社だからこそ出来る「暑い時は涼しく」「寒い時は暖かく」「危険から身を守る」商品・サービスを紹介いたします。
■万博PR・大阪府警による交通安全啓蒙・ファッションショーなどの中央ステージ企画展示会場内では、中央ステージにおいて様々な企画を実施いたします。2025年に開催決定した万博について誘致活動を当初2名からスタートしたお話を万博誘致秘話として万博協会のご担当の方に講演していただきます。また、大阪府警察本部交通局の方々による交通安全啓蒙のステージ や昨年ご好評いただいた同志社香里高校ダンス部の生徒さん達によるダンス。他にも作業服・事務服のファッションショーや関西外国語大学3回生による商品開発プレゼン・福を呼ぶ福娘たちのステージなど企画盛り沢山。また、昨年同様、50社以上の地元企業や地域団体が参加するビジネス交流や無料の試食ブースなどで会場を盛り上げます。           

高視認性安全服
電動ファン付きウェア
昨年の様子(ステージ前)
昨年の様子(飲食ブース)
昨年の様子(展示商品)
昨年の様子(展示商品)
昨年の様子(滑らない靴体験)
昨年の様子(ゆるキャラ)
昨年の様子(ファッションショー)
昨年の様子(同志社香里ダンス部)
墜落制止用器具

たまゆらフェスタ2019開催概要
テーマ  :つなぐ、つながる、ヒト、モノ、未来
コンセプト:働き方改革
開催日  :2019年9月12日(木)
開催時間 :10時17時
会場   :グランキューブ大阪(大阪国際会議場)
入場料  :無料
主催   :株式会社たまゆら http://www.tamayura.co.jp/
後援   :北大阪商工会議所/一般社団法人2025年日本国際博覧会協会
      一般社団法人日本高視認性安全服研究所(JAVISA)/毎日新聞社/
スポーツニッポン新聞社/ダイセン株式会社(繊維ニュース)/
一般社団法人大阪府建団連/一般社団法人航空宇宙振興会 夢宙/
特別協力 :大阪府警察本部/関西外国語大学/大阪ダンス&アクター専門学校
      牧野愛する商店会(福娘)/
特別協賛 :キリンビール株式会社株式会社チェリオコーポレーション

配信元企業:株式会社たまゆら

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ