2019年7月20日に宮迫博之さんと田村亮さんが開いた緊急会見を受け、同月22日、2人が所属する吉本興業も会見を行いました。

吉本興業が緊急会見 さんま・松本人志の言葉を受け契約解消を撤回

民放各局で生中継された今回の会見で、吉本興業の岡本昭彦社長自ら、一連の騒動について謝罪。

しかし、記者の質問に答える岡本社長に『歯切れの悪さ』を感じた視聴者は多く、ネット上では賛否両論が巻き起こっています。

また、岡本社長の様子に疑問を抱いたのは視聴者だけではありませんでした。

会見の様子を生放送で報じた情報番組『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)のコメンテーターお笑いコンビ『トレンディエンジェル』の斎藤司さんは、「回りくどい」とバッサリ。

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属でありながら、自社の社長を批判しました。

「僕はこの会社だったんだ」っていうことに、すごく情けないっていったらあれですけど。正直あんまし社長とはお話したこともないですし、あまり関係性もまったくないといっても過言ではないですけど…。

なんでこんなに一企業の代表として、こんな回りくどいことばっかいって。本当に『YES』『NO』の札を最初に渡しておくべきだったなってぐらい。それぐらい、言葉悪いですけど、長ったらしい。

もちろんね、間違ったことをいってはいけないから確認とかあるんでしょうけれども。とはいえ、ご自身の状況、立場、そういったものがまったく感じられてないのかな…って、僕は受けちゃいましたね。覚悟がなかったなというか、感じがしちゃいました、本当に。

直撃LIVE グッディ! ーより引用

そして最後に、ファン視聴者に向けて「申し訳ないって感じですね。みなさんにも」と語った斎藤さん。

視聴者から「よくぞいった」「つぶされない?」とコメントが寄せられるなど、大きな反響を呼びました。

・斎藤さん、なかなか責めますね。でも、いってくれてありがとう

・斎藤さんの意見は、あの会見を見ていた誰もが思っていたこと。

・所属芸人に呆れられるって、どんだけだよ。

闇営業』の一件から始まった騒動は、会社の体制批判にまで広がり、芋づる式でさまざまな問題が出てくる吉本興業

騒動が収拾するどころかさらに大きくなっているからこそ、今回の吉本興業側の会見は大きな注目を集めていました。

しかし、会見を受けて、世間や所属芸人が抱くわだかまりが解消されたのかというと、疑問が残ります。


[文・構成/grape編集部]

出典
直撃LIVE グッディ!