特集記事「体感する映画」が7月31日刊行の雑誌『anan 2162号』に掲載される。

同号の表紙には、現在公開中の新海誠監督のアニメーション映画天気の子』の主人公の帆高とヒロインの陽菜の描き下ろしイラストを使用。「映画の世界を『体感』したい」という視点から作られた今回の特集では、新海監督をはじめ、『天気の子』の企画プロデュースを手掛けた川村元気、音楽および主題歌を担当したRADWIMPSキャストの醍醐虎汰朗、森七菜が制作の裏側、作品への想いを語ったインタビューや、神木隆之介による新海監督全作品の解説を掲載するほか、絵コンテ、作画、美術設定といった資料を収めた『天気の子』のアートブックが付属する。

さらに『トイ・ストーリー4』『ペット2』『ニノ国』などのガイド、最先端の映画館や五感で映画を楽しめるスポット、イベントの紹介、「マーベル映画」入門を収録。

『anan 2162号』表紙 ©マガジンハウス/2019「天気の子」製作委員会