夢を叶える職業といえば、芸能人などのきらびやかな世界が思い浮かべられるでしょう。東京などの都市部には、そうした明日のスターを夢見て演劇活動などに精を出す舞台俳優と呼ばれる人たちがいます。さらにその舞台を作る美術や演出、脚本といった裏方の領域の仕事をこなしている人たちもいますね。この世界というのは、なかなか食えない世界であるとも言われています。


どういう経済になっている?

そうした演劇の世界に関して、果たして本当に食えるのかということを、経済構造から分析した本が米屋尚子による『【改訂新版】演劇は仕事になるのか? 演劇の経済的側面とその未来 』(アルファベータブックス )です。本書は演劇業界の実態を暴くような本ではありません。むしろどのように運営していくのがベターであるのかについて考えた本であり、ひとつのアートマネジメント指南書であると言えるでしょう。

何をすればいいのか?

やはり演劇で食っていくためには、なによりも舞台に人を動員していかなければいけません。それには宣伝活動なども必要とされるでしょう。それを果たしてどうすればいいのか。何から始めればいいのかといった部分で悩んでしまう人もいるかもしれません。これからのアートマネジメントはどのように行っていくのか。あるいはインターネットなどの口コミはどのように活用していくのかといった新しい戦略の練り方についても記されていますので、芸術を志す人にとってはおすすめの一冊です。