●レトロ車名ロゴや革巻きステアリングカバーなど、ありそうでなかったパーツも用意

新型N-WGNに設定されているホンダアクセス扱いの純正カスタマイズパーツを紹介します。

詳細画像はこちら

オリジナルデザインフロントグリルプラチナホワイトパール)はプレーンな中にも高級感を追加したものです。

詳細画像はこちら

ボンネットフードの先端に設置するフードエンブレムは車名を文字間隔を空けて配置するもの。往年のアメ車クラシカレンジローバー的な雰囲気を得ることができますね。

詳細画像はこちら

ライセンスフレーム フロント用はナンバプレートに装着するシルバーの高級感ある額縁です。細かいパーツですけれども車両全体の質感が上がるのが不思議。

詳細画像はこちら

サイド面では、車両全体のフォルムに合った造形のドアバイザーや、傷つき防止のためのドアエッジモールライトグレーダークグレーの大きなデカールも見どころです。

詳細画像はこちら

ホイールキャップとして完成されたデザインノーマルもいいんですが、アルミホイールMG-022を履くとまた違った質感を得ることができます。カラーリングはタフタホワイトです。

詳細画像はこちら

ライセンスフレームはリヤにも用意されています。

詳細画像はこちら

車内に目を移します。ラゲッジネットが用意されています。広範囲に荷物をホールドしてくれるだけではなく、見た目にも可愛らしいものになっていますよ。

詳細画像はこちら

ファブリック製のシートカバーは純正シートデザインマッチしたもの。ブラウンの全体に対してホワイトのパイピングが目立つ仕組みになってます。

詳細画像はこちら

インテリアパネル 白木目調を装着すると、車内の雰囲気はさらに明るくポップになります。

詳細画像はこちら

本革製ステアリングホイールカバーは濃いブラウンのものにアイボリー・ステッチが入る珍しい組み合わせのカラーリング

詳細画像はこちら

(写真・動画・文/ウナ丼)

【新型N-WGN オプションパーツ】内外装のナチュラルさを強調させる純正カスタマイズパーツ(http://clicccar.com/2019/07/22/874196/)