7月21日開催、第38回新報児童オリンピック卓球大会において、琉球アスティーダアカデミー所属の比嘉輝人選手が優勝、山川優選手が準優勝、西倉叶子選手が3位入賞しました。
今年5月に、Tリーグチーム初のジュニアチームとして、「沖縄から世界へ!」を合言葉に活動を始めた「琉球アスティーダジュニアアカデミー」の中から、早くも優勝者が生まれました。他にも準優勝、3位入賞と、チームとして大活躍しました。

前列右から比嘉選手、山川選手、西倉選手。後列は邵 盼盼(ショウ パンパン)琉球アスティーダアカデミーコーチ
大会名:りゅうぎん、ほっともっと沖縄地区本部、沖縄コカ・コーラ特別協賛 
    「第38回新報児童オリンピック卓球大会」
主催:琉球新報社、沖縄県卓球協会
琉球アスティーダアカデミー主な成績:
優勝:比嘉輝人選手(男子4年生以下の部)
準優勝:山川優選手(男子3年生以下の部)
3位:西倉叶子選手(女子5年生以下)

【琉球アスティーダジュニアアカデミー 夏休みスペシャル体験会開催! 江宏傑選手も来る!】
ジュニアアカデミーの新規メンバーを募集します。
夏休みスペシャル体験会として、Tリーグ選手兼ジュニア監督の江宏傑選手も参加。
世界レベルの卓球アカデミーをぜひご体感ください。
●日時:
1.7月30日(火) 15:00-16:30
2.8月1日(木) 16:30-18:00
3.8月2日(金) 16:30-18:00
※変更になる場合があります
●詳細、お申し込みはこちら
https://ryukyuasteeda.jp/school

【琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社代表・早川周作コメント
Tリーグチームとして初めてジュニアチームを結成し、地元の試合に出場し結果を出せたことは、チームにとって大きな第一歩となりました。
我々のチームの目標は沖縄からオリンピック選手を育てること。そしてもう一つは、沖縄の立地と環境を活用し、アジアから、また世界からジュニアが集まる卓球の聖地にする事を目的にしています。

まだ設立間もないチームが、体育館、合宿所の開設、卓球バル、卓球用品販売サイト、地元のプロスポーツチームと連携した「スポーツ×沖縄」の飲食店をオープンをしたりと、新しいチャレンジを続けています。これらができるのはひとえに、卓球業界のみならず様々な業種業界のステークホルダーの皆様のお力添えのお蔭です。
心から感謝を申し上げます。一歩一歩確実に着実に結果に繋げてまいります。

配信元企業:琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ