日清食品ホールディングス 八村塁グローバルスポンサーシップ契約記者発表会」が7月22日に都内で行われ、プロバスケットボールプレイヤー・八村塁選手が登壇した。

【写真を見る】カップヌードルを大量に積んだカートを押しながら登壇した八村塁選手

父親がベナン人、母親が日本人富山県出身の八村選手は、宮城県の明成高校卒業後に、ゴンザガ大学進学のために渡米。NCAA(アメリカ全米大学体育協会)トーナメント日本人として初出場し、準優勝に貢献。そして、2019年NBAドラフトにて、ワシントン・ウィザーズから一巡目9位指名を受けた。

そんな日米で注目されているアスリートの八村選手が、帰国後、初めての会見に臨み、「こういう機会をいただいて感謝しています。小さい頃からなじみのあるというか、日本といえばカップヌードル。ずっと食べてきたので、その会社と契約できることは光栄ですし、うれしいことです」と第一声。

日清食品の商品について、「部活から帰ってきてご飯を食べて、またすぐおなかがすいてしまうので、カップヌードルを食べていました」と、ゆかりを明かした。さらに、「友達の家に、いいカップヌードルがあったらこっそり持ち帰って食べていたのを覚えています」と笑顔で語った。

ちなみに好きな商品は、味がしっかりしていて好きという「どん兵衛」と告白。

ここで契約を記念して、自身の写真入り特大カップヌードルを受け取った八村選手は、「僕の顔が入っていて、カップヌードルコラボしていてうれしいです」と感想を語った。

また、カップヌードルの新CM「New Legend」篇がこの日より公開中。会見場で初披露され、初めて完成作を見たという八村選手は「初CMなんですけど、すごいカッコ良かったです」と自画自賛のコメント

「この間、朝に東京に帰ってきて、そのまま現場に向かって(撮影しました)」と、撮影の経緯を語った八村選手。約200人のエキストラとの撮影には、「歓声がすごかった。やっていて楽しかったです。映画(の主人公)をやっているような感じでした」と笑顔で振り返った。

CMのラストには、「まいどはや」という富山弁を披露。「富山弁で“こんにちは”と言っているところが、一番お気に入り」と見どころを明かしていた。

高校から標準語で話すようになったそうで、「もう富山弁は出ません」と八村選手。もしかすると、当CMがバスケットボール界のニュースターのレアなシーンかもしれない。

■ 八村「いいチャンス

東京2020オリンピックでの活躍も期待されている八村選手。

八村選手は「オリンピックは僕にとって大きなこと。僕がバスケを始めた頃に、東京オリンピックの話が始まり、その時から僕はNBAに行くっていう夢と、オリンピックに出たいという夢を考えてやってきたので。こうして日清さんがサポート(日清食品東京2020オリンピック競技大会オフィシャルパートナー)してくれるということで、日清さんと契約できたことがうれしいですし、来年いいチャンスがあるので、日清さんと共に東京オリンピックを頑張っていけたらいい」と五輪への思いを明かした。

今後の目標を聞かれると、「NBAの新シーズン、その前に中国で行われるワールドカップがある。シーズンに入っても日清さんと面白いことができると思うので、それを楽しみにしながらバスケを頑張っていって、来年の東京オリンピックにいい報告ができるようにしたい」と来たる新シーズンに向けて意気込んでいた。

最後に、「これから日清さんといろいろできると思うので楽しみにしてます。頑張ります! HUNGRY to WIN!」と、プロテニスプレイヤー錦織圭選手や大坂なおみ選手らも登場する、日清食品とアスリートがコラボするプロジェクト名で締めくくった。

そんな八村選手は、7月28日(日)に放送される「情熱大陸」(TBS系)に出演することが決定している。(ザテレビジョン

国内初会見に臨んだNBAプレイヤー・八村塁選手