車椅子生活をしていた半身不随の男性が海外旅行先で人の優しさに触れた実話漫画が、多くの人々の胸を打っています。漫画家イラストレーターのきよまろさんが伯父の実体験を描いてTwitterで公開したものです。

【その他の画像】漫画を全部読む(全4ページ)

 きよまろさんの伯父さんは事故で脊髄を損傷し車椅子生活を送っていました。彼はハワイが大好きで、2年間必死にリハビリをしてなんとかハワイ旅行を実現させます。ワイキキビーチで美しい海を眺め、もう思い残すこともない……と思っていると、いかつい2人の男性から話しかけられました。

 伯父さんが英語は堪能でしたが、大柄な男たちから突然声をかけられ恐怖を覚えます。「お前は泳がないのか?」と問われ、「いや……私は、この通り車椅子ですし……」と答えると、男2人は「それがどうした? (海に)入りたいのか? 入りたくないのか?」「ワイキキだぜ?」と食い下がってきます。「そりゃあ、入れるなら入りたい……です」と本音をこぼすと、2人は伯父さんの体を支えるなどして、海に入るのをサポートしてくれました。

 あとからお金を請求されるのでは、と心配した伯父さんでしたが、そんなことはなく、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。2人は「俺たちは自分が同じ立場だったらして欲しいことをやっただけさ」「お蔭で気分がいいぜ」と、見返りを求めることもなく去っていきました。

 きよまろさんの伯父さんは脊髄損傷以外にも深刻な病を抱えており、ハワイ旅行は彼にとって最後の旅行となりました。彼は帰国してから幾度となくこの話をきよまろさんに語り、穏やかな表情で亡くなったそうです。

 この作品にはたくさんのリプライが寄せられています。「ステキな話」「心が温まりました」「国籍や話す言葉や肌や髪や瞳の色が違っても、同じ赤い血の流れる人間」「名も知らぬ彼らの行いは、一人の男性を救い、人生の最期を彩り豊かなものにしたであろう」と感動を伝えるコメントや、2人組を「ハワイを守る神様」「天使」に例える人も。「世界一周8カ月した中で、このような優しいお節介をたくさん受けました」と、人々の優しさに触れた経験を語るコメントもあり、世の中捨てたものではないと思わせてくれます。

 きよまろさんは芳文社まんがライフの新人賞を『祖母みや子98歳』という作品で受賞しており、同作の一部もTwitterで公開しています。

画像提供:きよまろさん

怖そうな人に声をかけられたと思ったら……