2019年12月7日(土)~15日(日)に新宿FACEにて本格文學朗読演劇 極上文學 第14弾「『桜の森の満開の下』~孤独~」が上演されることが決定した。

極上文學とは、日本文學の上質な世界観を立体的に表現するこだわりと、台本を持った朗読劇スタイルで演劇的な動いて魅せる演出を行い、ビジュアルと音楽、また、組合せが公演ごとに変わるマルチキャスティング制など、演劇のセッションを楽しむことができるシリーズ。今年で8年目を迎える。

第14弾となる今作は、第1弾で鈴木拡樹と唐橋充が出演した坂口安吾の『桜の森の満開の下』を上演。極上文學シリーズで唯一映像化していないため、ファンからは再演が期待されていた作品だ。

キャストは、梅津瑞樹(代表作:舞台「『刀剣乱舞』慈伝日日の葉よ散るらむ」 山姥切長義役など)、太田将熙(代表作:『ドリフェス!』/『DearDream』 片桐いつき役)、田口涼(代表作:MANKAISTAGEA3!』 松川伊助役など)、田渕法明(代表作:舞台『信長の野望大志夢幻~本能寺の変~』 毛利輝元役)、轟大輝(代表作:『最遊記歌劇伝-Darkness-』出演)、宮城紘大(代表作:舞台『ヨルハ』 主演二号役)、山本誠大(代表作:ブルーシャトルプロデュース『戦場の翼』出演)が極上文學シリーズ初出演。また、松本祐一(第12弾『風の又三郎・よだかの星』に出演)、三上俊(第8弾『草迷宮』に出演)が再び極上文學の舞台にあがる。

本格文學朗読演劇 極上文學第14弾「『桜の森の満開の下』~孤独~」