メディアファンに呼びかけ「ナオヤ対ネリ勝つのは?」

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位ルイス・ネリメキシコ)が20日(日本時間21日)に同4位フアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と米ラスベガスで対戦し、9ラウンドKO勝ちを収めた。ネリは常々、IBF・WBA世界王者の井上尚弥(大橋)に挑戦状を叩きつけていたが、米ボクシングメディアフォーラムでもモンスター問題児のメガマッチが実現した際の勝敗予想がトピックに。現地ファンの予想は満場一致で井上勝利だった。

 難敵パヤノに手こずりながら、左のボディフックでキャンバスに沈めたネリ。王座再挑戦を常々公言している問題児のKO劇を受け、米メディアボクシングニュース24」のフォーラムではバンタム級最注目のマッチアップの勝敗予想が現地ファンの間でトピックとなった。

「ナオヤ・イノウエルイス・ネリ 勝利の本命は誰?」

 米国では、FOXスポーツでペイ・パー・ビューとなった6階級制覇王者マニー・パッキャオフィリピン)とキース・サーマン(米国)のタイトルマッチアンダーカードして注目を集めた一戦でKO勝ちを収めたネリ。

 倒した相手が昨年10月WBSS初戦で井上が戦慄の70秒勝利を挙げたパヤノとあって、2人の対戦実現を待望する声は高まりを見せているようだ。

 ネリの鮮烈なKOの後だが、現地ファンの予想は満場一致だった。

現地ファンは井上支持「スピードの違いを見せるだろう」

「このファイトがすぐに実現することを望む。現時点での勝利の本命は? どちらもパヤノと戦い、残酷にKOで仕留めた。我々の知る限り、共通の相手をいかに早く、簡単に倒したかは全く意味はない。しかし、このケースではイノウエを選ばざるを得ない。スピードの違いを見せるだろう」
「この階級ではイノウエによる圧巻のKOを選ぶのは難しい選択ではない。彼は小柄な日本の建築解体用の鉄球だ」
イノウエを選ぶよ。彼にはKOのパワーがあるだけでなく、より優秀なオールラウンダーでもあり、より完璧なファイターに見える」
イノウエのKO勝ち。ネリを殴るのは簡単」
「実現しないだろう。イノウエWBSS終了後にトップランクと契約することになる。ネリはすでにPBCで戦っている。戦うなら私はイノウエを選ぶだろう。より優秀なファイターと戦っている」

 海外のボクシングファンはほとんどが井上勝利を予想している。

 WBCタイトルへの指名挑戦権を持つネリ。正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)と、暫定王者・井上拓真(大橋)の対戦がまず義務付けられており、ネリはこの勝者に挑戦する可能性が高い。

 ワールドボクシングスーパーシリーズWBSS)の決勝を控える井上尚弥との対戦が実現するにしても、まだまだ先の話になるか。だが、対戦を望む声はさらに大きくなってきた。(THE ANSWER編集部)

ルイス・ネリ、井上尚弥【写真:Getty Images】