コロワイドグループのフレッシュネス(本社=横浜市西区)は7月24日、同社が展開するハンバーガーチェーンフレッシュネスバーガー」の全国の店舗(一部除く)で、タピオカリンク3品「タピオカ チャイミルクティー」「タピオカ 抹茶ミルクティー」「タピオカウーロンミルクティー」を発売する。各420円税込。各商品の概要は以下の通り。

◆「タピオカ チャイミルクティー」

チャイ」とはヒンディー語などで「お茶」を意味し、一般的には茶葉に香辛料を加え甘く煮出したインド式のミルクティーを指す。フレッシュネスの「チャイ」はシナモンクローブ、ナツメグなどのスパイスを効かせた豊かな香りとほど良い甘みが特徴で、根強いファンが多い一品。

◆「タピオカ 抹茶ミルクティー」
日本の三大茶のひとつ、宇治茶を使用した国産の「宇治抹茶」は特有の香りとなめらかなコクを楽しめる。ミルクタピオカとの相性も良い。

◆「タピオカウーロンミルクティー」
コクと程よい渋みでスッキリとした味わいの黒ウーロン茶は、中国・福建省の鉄観音を使用。ポリフェノールやカテキンが含まれる。

なお、「フレッシュネスバーガー」で6月5日から開始した“台湾フェア”では、「タピオカ ジャスミン緑茶ミルクティー」と「タピオカウーロンミルクティー」を期間限定発売し、1ヶ月間で約12万杯を販売。7月24日に発売する3商品のうち「タピオカウーロンミルクティー」は継続販売に当たる。
フレッシュネスバーガー「タピオカ チャイミルクティー」「タピオカ 抹茶ミルクティー」「タピオカ 黒ウーロンミルクティー」