家の中にハチが入り込んできた! ハチとの緊迫のバトルを描いた漫画が、「作者が虫が苦手なのでハチをブリーフおっさん擬人化して描いた」結果、シュールな笑いを誘っています。実際は大変なシチュエーションだけど……。

【その他の画像】マンガを全部読む

 漫画は作者のも~さんのお兄さんの実体験を描いたもの。お兄さんが洗濯物を取り込むと、一緒に虫らしきものが家に入り込んできました。はじめカナブンかと思ったそれはクロスズメバチだったといいます。

 奥さんを逃し、迎え撃とうとするお兄さん。手近にある武器は、除菌スプレーゴキブリがいなくなるスプレー。除菌のほうが強そうという判断で除菌スプレーを手に取るお兄さんでしたが効果なし。武器をゴキブリがいなくなるスプレーに切り替えます。

 素早い動きやフェイントに苦戦しながらも、「怖ぇぇよォオオォ!!」「やだもぉおおおお」とビビリながらもスプレーを噴射しまくるお兄さん。弱ったところを粘着クリーナーで仕留めたのでした。苦戦してたわりに最後はあっさり。

 漫画ではハチが「ストライプのシャツと白いブリーフで飛んでくるちっさいオッサン」として描かれているため、シュールさが爆発。大変な状況なのについつい笑ってしまいます。おっさんがものすごい勢いで飛んできても、それはそれで怖い気もしますが……。

 読者からは「ちょっとおじさんに愛おしさを感じてしまいました」「おじさんブリーフにしか目がいかなくて笑いました」「澄んだ瞳の白ブリーフオッサンが飛び回ってるほうが、100万倍怖い」などおじさんに言及する感想が多く寄せられています。

 漫画の最後でも~さんは「戦おうとしないで追い出す方向のほうが良い気がする」と述べており、刺された経験がある人から「戦うのはダメです!」というリプライも寄せられています。自治体Webサイトなどでは対処法として「ハチが家の中に入ってきたら、明るい方の窓を開けると自分から出ていきます」と書かれており、刺激せずに外に出すことが推奨されています。

 なお漫画の中でお兄さんが「ハチの毒で床がちょっと溶けた」と話す場面がありますが、も~さんがその後専門家に問い合わせたところ、「たった1匹のクロスズメバチの体液で床が少し溶けたようになっていたというのはなかなか想像できない。殺虫剤を大量に撒布したため床が溶けたように見えてしまったのかも」との回答が得られたそうです。

画像提供:も~さん

部屋にハチがいるという大変な状況もおじさんに擬人化すると緊迫感ゼロに