スーパーでおなじみのプチプラスイーツといえば、「モンテール」製ではないでしょうか。

モンテール(本社・埼玉)は、1954年創業の老舗洋菓子メーカーで、シュークリームロールケーキエクレアワッフルなど、さまざまなスイーツを提供しています。きっとスーパーコンビニスイーツコーナーで目にしたことがある商品も多いはず。

今回は数ある商品の中から、モンテールの広報担当者におすすめのスイーツを5つピックアップしてもらいました!

SNSで話題、アレンジが楽しい真っ白スイーツ

・「モークリーム」(259円)

2018年10月に登場し、SNSで話題になった"クリームが主役"のカップケーキです。

こだわりのクリームを、卵白を多めに使用したしっとりふわふわのシフォン生地と一緒に楽しみます。見た目も味もシンプル仕立てで、SNSではフルーツなどをトッピングする簡単アレンジも人気。(参考:クリームが感動的な美味しさ...。SNSでブレイク中のカップケーキもう食べた?

●ここがおすすめ!

「生クリーム好きにはたまらないスイーツです。主役のクリームは、厳選したこだわりの生クリームをたっぷりとブレンドしたコク深い味わいです。すっと溶けるような優しい口どけのシフォン生地がクリームの味わいをより引き立ててくれます。フルーツチョコなど、自分好みの素材をトッピングしても楽しめますよ」(広報担当者・以下同)

・「クウル・バウム(スティック)」(151円)

ワンハンドでも食べられる、ひんやり冷たいバウムクーヘンです。

牛乳と卵をたっぷりと配合した生地を、一層一層丁寧に焼き上げており、しっとり感と柔らかさがありながらも、ほどよい弾力感も楽しめます。食べ応えもあり、小腹が空いたときのおやつにピッタリです。

●ここがおすすめ!

"しっとりとした食感とひんやり感"! 表面のシュガーコーティングのシャリシャリとした食感を楽しみながら、牛乳と卵の優しい味わいと甘い香りに包まれて、ほっと一息つくことができます」

・「生クリーム仕立てのプチシュー」(280円)

2019年で25周年を迎えたロングセラー商品です。

クリームのおいしさにこだわり、北海道産生クリームに自家炊きカスタードホイップクリームをひと口で食べておいしい配合でブレンしています。大容量なので、シェアして食べるのも◎。

●ここがおすすめ!

生地の香ばしい風味となめらかなコク深いクリームが、口の中で贅沢に広がります。そのままはもちろん、上にフルーツ生ハムなどをトッピングしてもおいしく食べられるんです」

糖質が気になる人にはこのスイーツ

・「6P 糖質を考えたプチシュークリーム」(151円)

糖質を抑えたスイーツブランドスイーツプランシリーズシュークリームです。

1個あたり糖質1.4g、 1袋(6個)食べても糖質10g以下!(※糖質の計算において、砂糖に比べ血糖値が上がりにくいエリスリトールは含まない) 小麦の表皮「小麦ブラン(ふすま)」を混ぜるなど、糖質の低い原料に置き換えることで糖質を抑えています。

●ここがおすすめ!

「このシリーズ専用の自家炊きカスタード北海道産生クリームブレンし、なめらかでコク深い味わいに仕立てたミルククリームが楽しめます。その日の食事にあわせて糖質量を調整しやすい6個入りなのもポイントです!」

・「ふんわりどら焼・あずき」(129円)

あんこクリームの絶妙なバランスが楽しめる、みずみずしいチルドタイプの和洋折衷スイーツです。

長いもを使用し、混ぜ方を工夫することで、生地にふんわりと軽い食感を生み出しています。

●ここがおすすめ!

「おいしさのポイントは生地と食感と味わい。ふんわりと軽い食感なのに弾力もある生地がいいです。また、『みりん』が入っているので、生地の風味が増し、本格的な味わいが楽しめます。あんこの上品な味わいを引き立てるコク深いクリームあんこ、この2つが口の中で贅沢に広がります」

いかがでしたか? いずれもスーパーで見つけられるものばかりなので、次のデザートのご参考に。

※価格はいずれも希望小売価格(税込)