【カンタンにいうと…】

・宮迫博之さんと田村亮さんの緊急会見を受け、吉本興業の岡本昭彦社長が会見を行った。

・会見を見たマツコ・デラックスさんが、岡本社長の『歯切れの悪さ』に苦言を呈す。

・「状況を変えようとする気を感じられない」と会見の印象を述べた。

記事を読む


タレントマツコ・デラックスさんが曜日別コメンテーターを務めている、情報番組『5時に夢中!』(TOKYO MX)。

2019年7月22日の放送では、宮迫博之さんと田村亮さんが開いた緊急会見を受け、吉本興業の岡本昭彦社長が行った会見を紹介しました。

会見は5時間半にわたって行われたため、『5時に夢中!』の放送時もまだ続いていました。「番組が始まるまで3時間近く会見を見ていた」というマツコさんは、岡本社長の『歯切れの悪さ』を次のように感じたといいます。

何のためにやったんだか分かんない会見だったんだけど、いま時のこのね、いろんな失敗会見が繰り返されている中で、あれでよく出てこれたなっていうのはびっくりしたよね。

5時に夢中! ーより引用

メインMCのふかわりょうさんから、「今回の会見で世の中は何を聞きたかったのか」と尋ねられると、マツコさんは『あくまで個人的な感想』と位置付けながらこのように発言しました。

世の中が聞きたかったとかいう以前に、自分たちがどれだけ身を切る覚悟で立ち向かうかっていう部分が宮迫さんとか亮さんに比べて、これ私あくまでも個人的な見てての感想だけど、顔とか見ててもやっぱあの2人の「もう、どうなってもいい」というある意味覚悟決めて、腹切る覚悟で出てたのに比べると別に何も状況を何か変えようという気はそんなにねえのかなっていうふうに。

5時に夢中! ーより引用

マツコさんは、会見から会社側の誠意を感じなかったと感想を述べました。

視聴者からは、「マツコさんの感想待ってた」「騒動の終わりが見えない…」などの意見が寄せられました。

宮迫さんと田村亮さんの進退だけでなく、吉本興業の今後の動きにも注目が集まりそうです。


[文・構成/grape編集部]

出典
5時に夢中!