ケビンプリンス・ボアテン

 長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトは、サッスオーロの元ガーナ代表MFケビンプリンス・ボアテングの獲得を目指しているようだ。現地時間22日、ドイツ紙『キッカー』が伝えている。

 ボアテングは昨シーズンセリエAのサッスオーロから買取オプション付きのレンタル移籍でバルセロナへと移籍。しかし、十分な出場機会は与えられずラ・リーガでは3試合の出場に留まった。

 ボアテングは17-18シーズンフランクフルトで過ごし、長谷部プレー。国内カップであるDFBポカールでは決勝戦でバイエルンミュンヘンを破り優勝を経験した。

 同紙によると、フランクフルトレアル・マドリードへと移籍したルカ・ヨビッチウエストハム・ユナイテッドへと移籍したセバスティアン・ハラーに代わる選手として、ボアテングの獲得を目指しているようだ。

 昨シーズンヨーロッパリーグ(EL)で準決勝までコマを進めたフランクフルトには来シーズンのELにも大きな期待がかかっている。ボアテングは再び長谷部の同僚としてドイツプレーすることになるのだろうか。