宮迫博之

雨上がり決死隊」の宮迫博之と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮が、20日に開いた謝罪会見。様々な意見が飛び交う中、メンタリストDaiGo心理学的に分析した動画が話題になっている。

 

■「お手本のような謝罪会見だった」

注目を集めたのは、21日に投稿された「宮迫さんの謝罪会見心理学的に解説】〜敵を味方に変える謝り方」という動画。

動画の趣旨は、宮迫が謝罪会見で見せた「すごさ」を心理学的に解説していくというもので、実際にDaiGoも「久しぶりにお手本のような謝罪会見を見まして、謝罪に関するテキストとして使いたいくらい」と素晴らしい会見だと感じたそう。

 

■「だいたい謝罪の会見はミスる」

冒頭でDaiGoは、謝罪会見の難しさを語る。というのも、ほとんどの人が謝罪の場で「そうじゃなくて…」「おれは悪くなくて…」などと自分を守ってしまうらしく、それでは敵が増えてしまい、「むしろ謝罪しないほうがよかった」なんて状態になるケースもあるという。

それをしなかった宮迫、中でもDaiGoが特に「すごい」と感じたのは以下のポイントだ。

責任転嫁が一切ない

 

・記者の意地悪な質問に乗っていない

 

・感謝と後悔を伝える

■三つのポイントとは…

一つ目の「責任転嫁が一切ない」というのは、事務所の問題が露わになる中、そちらに責任を押し付けず「ことの発端は自分たちで最も悪い」とブレなかったことなどが挙げられる。

次に、二つ目のポイントは、記者がボロを出させるために用いる「挑発や嫌みな質問」「責任逃れを誘う優しい質問」「憶測で語らせる質問」が会見に盛り込まれていたが、それらに乗らなかったこと。

そして、三つ目の「感謝と後悔を伝える」というのが意外と重要となる。人は感謝するだけで、「自信が湧いたり、理路整然と話ができるようになったりする」という研究結果があり、それが会見を完遂できた一つの要因だと分析していた。

 

■「すごい」のオンパレード

このポイントの他にも、謝罪の時にやってはいけない「言い訳(正当化)をする」「他人を責める」「自分の抱える問題を話す」「発言や行動を矮小化する」も徹底されており、「とにかくすごい」と絶賛していた。

謝罪会見の精度もそうだが、彼らの誠意が伝わったという意味でも素晴らしい会見であったのではないだろうか。

・合わせて読みたい→和田アキ子、番組スタッフに「ふざけんな!」 昨日会見の不適切質問を謝罪

(文/しらべぇ編集部・ステさん

メンタリスト・DaiGo、宮迫の謝罪会見を絶賛 「とにかくすごい…」