吉野家7月23日、5月に発売した新メニューライザップサラダ」の販売数が21日で100万食を突破したと発表しました。牛丼の新サイズ「超特盛」「小盛」がヒットしたのに続き、好調に推移しているとのことです。

【その他の画像】

 野菜サラダをご飯の代わりに盛り付け、牛肉と組み合わせた高たんぱく質・低糖質メニュー(税込540円)。ライザップと共同開発し、5月9日に全国の吉野家で発売しました。

 特に女性や健康を意識している男性からの支持が高く、「新規顧客の獲得と休眠顧客の掘り起こしの両方に成功した」とのこと。リピート率が高く、ライザップサラダを購入した4人に1人はその後も定期的に注文する傾向にあるとしています。テイクアウトも多いとのことです。

 吉野家が3月に発売した牛丼の新サイズ「超特盛」と「小盛」も発売から約1~2カ月で100万食を販売するヒットに。既存店売上高は前年比プラスで推移し、吉野家ホールディングス2020年2月期第1四半期(19年3~5月)は黒字転換を果たすなど、新メニューヒットが業績にも貢献しています。

 7月23日の株式市場で、吉野家ホールディングス(東証1部)は前日比2円安(-0.09%)の2177円で取引を終えました。黒字に転換したことで、17日には2198円の年初来高値を付けています。株式時価総額(23日終値ベース)は約1418億円です。

ご飯の代わりにサラダを食べる「ライザップ牛サラダ」(430kcal、たんぱく質30.0g、脂質27.0g、糖質12.2g、食塩相当量2.0g)