身の回りの生活用品から食品まで、何から何まで取り揃えている100円ショップ。しかし商品が豊富にありすぎるあまり、見落としているモノも多いかも。本稿では、値段以上の働きをしてくれる便利なグッズレビューして大紹介していきます!

 

【関連記事】
段ボールの蓋をガッチリ固定! 引っ越し作業などに便利な「万能ベルト」

 

●「食洗機・水切りカゴ洗い」(ダイソー)

洗い物で大活躍する“食洗機”ですが、食洗機自体を洗うのって大変ですよね。特に“水切りカゴ”は格子や網目状になっているものが多く、汚れが残ってしまいがちです。そこで今回ご紹介するのは、ダイソーから発売されている「食洗機・水切りカゴ洗い」。それぞれを掃除するのに特化したブラシが、1本ずつ付属しているアイテムです。それでは見た目や特徴、使い勝手などを早速チェック開始!

 

“水切りカゴ洗い”と“スリムブラシ”に分けられた同商品。まずは水切りカゴ洗いから見てみると、水色の不織布に3つの溝がありました。格子の細い部分を溝に挟めば、効率よくキュキュッと洗えそう。柄の先端が“アリクイの顔”に似た形をしており、溝の汚れを落とす“カギヅメ”として使えるのもポイントです。

 

スリムブラシは、歯ブラシヘッドが反り返ったようなデザイン。また、水切りカゴ洗いと違って柄の先端が“スクレーパー”になっていました。これなら食洗機の細かい隙間だけでなく、平面の汚れもバッチリはがせますね。

 

 

 

試しに使ってみた結果、2本とも長所が上手く活かせて使い心地抜群です。水切りカゴ洗いは、カゴのワイヤー部分に不織布の溝がジャストフィット。水のみできれいに洗える“アクリルビーズ入り”なため、カゴをピカピカに洗えました。スリムブラシは力が入りやすく、細かい網目をゴシゴシ擦ることが可能。もし頑固な汚れがついていても、ブラシが一網打尽にしてくれるでしょう。

 

 

実際に購入した人からは、「“水切りカゴ洗い”がすごく使いやすい! ちゃんと洗えていなかった部分がピカピカになると、なんだか気持ちがいい」「柄の先端が意外と役に立ちます。考えた人はユーザーの気持ちをよく理解してる」「2本の柄を使って溝の汚れをやっつけた! こんなに便利なものがダイソーにあるなんて知らなかったな」「キッチンスペースの場所を取らないのもGOOD。鉛筆みたいで手に馴染みやすい」といった声が多数あがっています。

 

細かい隙間などをピンポイントで洗える「食洗機・水切りカゴ洗い」は、パッケージ標記の通りまさに“スキマの達人”。今までしっかり洗えなかった部分がきれいに掃除できれば、心もスッキリするかもしれませんよ?

 

ギャラリー

 

【関連記事】
ブラシが立った! タイルの掃除で一役買う「立てるブラシ」

“スキマの達人”が汚れをバッチリ落とす! 格子や網目の掃除に特化した「食洗機・水切りカゴ洗い」