日本新で銀メダル快挙、レース後には「信じられない」と喜び爆発

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日に開幕した。個人種目で金メダルを獲得すれば、1年後の東京五輪出場が内定する今大会。第3日(23日)の男子200メートル自由形決勝で松元克央(セントラルスポーツ)が、1分45秒22の日本新記録で銀メダルに輝いた。この種目でメダルを獲得するのは日本人初の快挙で、メダリストは今大会のトビウオジャパン第1号となった。

 カツオが歴史に名を刻んだ。200メートル自由形でのメダル獲得は五輪を含めても日本人史上初の快挙。韓国で会心の泳ぎを見せた。残り50メートルで一気に浮上し3位で入線。1位入線の選手が失格となり、孫楊(中国)に続いて銀メダルを獲得した。

 レース後には「信じられない」と喜びを爆発させた松元。「もう何も失敗がないというか、全て満足するような結果。鈴木先生にも言われたけど、『明日動けなくなるまで出し切れ』と。もう明日動かせないと思います」と死力を出し尽くしての結果だと振り返った。

「練習の成果が出た結果。周りも少しは見えていたけど、とことん自分のレースをしようと決めていた。あとは緊張で頭が真っ白になっていて、それが逆によかったのかな。体が勝手に動いた。3番についた時点ですごく嬉しかった。2番に繰り上がって、何もかも信じられないような気持でいっぱいです」

抱えていた肩痛はアドレナリンで打ち消し「今は痛くないんです」

 1988年ソウル五輪男子100メートル背泳ぎで金メダル鈴木大地らを指導した69歳の鈴木陽二コーチとは、「隣の選手に勝たないとメダルはないと話していた」という。「最後の最後まで粘った。タッチして負けていたけど、200で失格って珍しいですよね。本当に信じられないです」と夢見心地だった。

 右肩の痛みをアドレナリンで打ち消した。「今は痛くないんです。アドレナリンとかで。もちろん痛かったし、何回も痛くないって言ってたけど、鈴木先生トレーナーさんを信じてよかったと思う」。韓国の舞台で会心の泳ぎを披露したカツオ。22歳が一躍ヒーローとなった。(THE ANSWER編集部)

松元克央【写真:Getty Images】