【元記事を音楽ナタリーで読む】

Negiccoが結成16周年を迎えた7月20日新潟県佐渡島イベント会場「おんでこドーム」にて単独コンサートNegicco結成16周年コン佐~渡!!!」を開催した。

【大きな画像をもっと見る】

2018年7月20日には新潟・古町商店街でのフリーイベント「FURUMACHI LIVE 2018.07.20」でファンと共に結成15周年を祝い、翌21日に新潟・朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 展示ホールBでアニバーサリーライブlove my 15years at 朱鷺メッセ」を行ったNegicco。今年は佐渡島の両津港からほど近いおんでこドームにて、老若男女600名を超えるファンと共にライブを楽しんだ。新潟港万代島港と両津港を結ぶ佐渡汽船カーフェリーの船内にはNegiccoメンバーの歓迎アナウンスが流れ、おんでこドーム前の広場では新潟と佐渡の地元企業や佐渡総合高校の学生たちによる屋台が出店されるなど、地域に根付いた施策が盛りだくさん。おんでこドーム内にはファンの名前が入ったNegiccoカラーの提灯がずらりと並び、お祭りムードを高めていた。

新衣装に身を包んだNao☆、Megu、Kaedeの3人が初期のナンバー「ネギさま!Bravo☆」でライブスタートさせると、観客は「コン佐~渡!!!」特製座布団に座ったまま、サンバのビートに乗せて大きなコールを上げる。3人は続けて佐渡島温泉公式PRソング「美人の湯(YOU)」を歌いながらステージを飛び出し、客席をぐるりと回った。新衣装は2014年夏のシングルサンシャイン日本海」発売時に着用していた衣装をアップデートしたデザインとなっており、3人は衣装のポイントを説明するとそのまま「サンシャイン日本海」のパフォーマンスへ。さらに「愛、かましたいの」「カリプソ娘に花束を」「Tell me why?」と4曲を連続で披露した。新潟市内で育った3人は修学旅行などでの佐渡の思い出を振り返りMeguは佐渡にまつわるクイズを出題。あまり流れを考えずに進めるNegiccoならではのゆるやかなトークで、場内は大いになごんだ。

「楽しいコーナーのあとは、ちょっとしっとりした曲と」というKaedeの合図から、中盤は「She's Gone」「ノスタルジア」「おやすみ」「硝子色の夏」と穏やかな楽曲が続き、観客はゆったりと3人の歌声に耳を傾ける。Nao☆が即興でMeguとKaedeに演技をさせるグッズコーナーを挟み、後半はEspeciaとのユニットNegipeciaレパートリー「水着・浴衣・花火・背伸び」「Girl's Life」や「トキメクMERMAID」「Summer Breeze」「GET IT ON!」「あなたとPop With You!」といった夏をイメージさせるさわやかな楽曲が並んだ。ここでNegicco9月24日リリースする約1年7カ月ぶりのシングルタイトル未定)について発表し、収録曲の1つを手がける西寺郷太NONA REEVES)がかつてNegiccoに提供した「ときめきのヘッドライナー」と「愛のタワー・オブ・ラヴ」を連続でパフォーマンス。同じくニューシングルに新曲を書き下ろすNegiccoプロデューサー・connieの初提供曲「トキメキ★マイドリーム」ではタオルを回しながら客席へと飛び出した。

「ねぇバーディア」「トリプル!WONDERLAND」とアッパーなシングル曲でライブクライマックスに向かい、最後は「さよならMusic」でフィニッシュ。アンコールでは「ありがとうプレゼント」「雫の輪」を優しく歌い、おなじみ「圧倒的なスタイル」のラインダンスでおんでこドーム内を1つにした。KaedeはNegiccoファンで埋め尽くされた場内を見渡しながら「こうやって佐渡でもワンマンが開けることがすごくうれしいですね。同じ新潟でも船に乗ってくるというのはまた違いますから。Twitterを見ていると、佐渡を楽しんでいる方がたくさんいらっしゃって、本当にうれしいです」としみじみ。Meguは「無事16周年を迎えることができました! こうして活動を続けられるのは皆さんのご協力あってのことだと思います。今日は佐渡の皆さんが私たちのライブのためにいろいろ協力してくださいました。皆さんありがとうございました!」と感謝の思いを伝え、リーダーNao☆は「Negiccoの目標は、4年後の20周年に日比谷野音でライブをやることです。1年1年、こうやって皆さんの笑顔をステージから見られるように、これからもがんばりますので……みんなで一緒に野音に行くぞ! そしてNegiccoはこれからも新潟を大切に活動を行っていきますので、応援よろしくお願いします!」と元気に締めくくった。

17年目に突入したNegiccoは、7月28日に東京・世田谷区民会館での2度目の単独公演「世田谷コンサート 第2幕」を開催。この日はsugarbeans(Key)、末永華子(Key)、設楽博臣(G)、千ヶ崎学(B / KIRINJI)、岡本啓佑(Dr / 黒猫チェルシー)の演奏をバックに生バンド編成でライブを行う。また8月4日には東京・代官山LOOPで女性ファン限定公演「Negicco女子限定ライブやるって!じょじょじょ!」、9月24日には東京・渋谷に新設されるライブカフェスペース・Veats Shibuyaで中島愛とのツーマンライブ「Veats Shibuya OPENING EVENT 夏の終わりのハーモニー▽~中島さんとNegiccoさん~ Supported by タワーレコード40周年」、9月28日には新潟・北方文化博物館で主催フェス「NEGi FES 2019 in 新潟・北方文化博物館 supported by サトウ食品」の開催を控える。

Negicco結成16周年コン佐~渡!!!
2019年7月20日 おんでこドーム セットリスト

01. ネギさま!Bravo☆
02. 美人の湯(YOU
03. サンシャイン日本海
04. 愛、かましたいの
05. カリプソ娘に花束を
06. Tell me why?
07. She's Gone
08. ノスタルジア
09. おやすみ
10. 硝子色の夏
11. 水着・浴衣・花火・背伸びオリジナルNegipecia
12. トキメクMERMAID
13. Summer Breeze
14. GET IT ON!
15. あなたとPop With You!
16. Girl's LifeオリジナルNegipecia
17. ときめきのヘッドライナー
18. 愛のタワー・オブ・ラヴ
19. トキメキ★マイドリーム
20. ねぇバーディ
21. トリプル!WONDERLAND
22. さよならMusic
アンコール
23. ありがとうプレゼント
24. 雫の輪
25. 圧倒的なスタイル

Negicco「世田谷コンサート 第2幕」

2019年7月28日(日)東京都 世田谷区民会館

Negicco女子限定ライブやるって!じょじょじょ!

2019年8月4日(日)東京都 代官山LOOP

Veats Shibuya OPENING EVENT 夏の終わりのハーモニー▽~中島さんとNegiccoさん~ Supported by タワーレコード40周年

2019年9月24日(火)東京都 Veats Shibuya
<出演者>
中島愛 / Negicco

NEGi FES 2019 in 新潟・北方文化博物館 supported by サトウ食品

2019年9月28日(土)新潟県 北方文化博物館 西門広場 野外第ステージ
<出演者>
Negicco / クラムボン / ザ・なつやすみバンド / シャムキャッツ

※記事初出時、写真キャプションに「カモメ」とあった鳥は「ウミネコ」の誤りでした。訂正してお詫びいたします。

「Negicco結成16周年コン佐~渡!!!」の様子。