マイク(avdyachenko/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

声優・女優の平野綾(31)が22日、自身のブログを更新。18日に発生した、京都アニメーション放火事件について、想いを綴った。

 

■SNS更新が止まっていたことを謝罪

涼宮ハルヒシリーズや『らき☆すた』などの、京アニ作品への出演で知られる平野。とくに『ハルヒ』は社会現象になり、平野の存在を世に知らしめる作品となった。

事件発生以降、沈黙を続けていた彼女だが、この日「この度の事件に関しまして」とのタイトルブログを更新。

「まずは今回の件で被害に遭われた方々、御家族の皆様の心が癒える日が一日も早く訪れるよう願うと共に、亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します」との文言から切り出すと、「ここ数日、SNSの更新ができず申し訳ありませんでした」と続ける。

 

■ショックで何もできず…

勉強中の旅先でこのニュースを知ったという平野。そのため、限られた情報しか入ってこず、軽々しく発言してはいけないと沈黙していたそうだが、同時に「ショックと喪失感で何もできなかった」「皆さん同じだと思いますが、まだ現実を受け入れられずにいます」と、悲痛な胸中を明かす。

そして、京アニ京アニ作品を愛するファンへの想いを綴ったのち、「色々な感情を押し殺していますが、本当に悲しいです。悔しいです。負けないでほしいです」と述べた。

■ツイッター更新が止まったままの声優も

ファンや報道機関からコメントを求められつつも、ショックと喪失感で何もできなかったという平野。京アニ作品に関係の深い声優の中には、同じようにSNSの更新が途絶えたままの人もいる。

たとえば、『涼宮ハルヒシリーズキョン役を演じた杉田智和は、「白猫テニス」のツイートリツイートしているものの、23日11時現在、個人のツイートは17日で止まっている。

また、『CLANNAD-クラナド-』岡崎朋也役や『氷菓』折木奉太郎役で知られる中村悠一は、17日を最後にツイッターを更新していない。

 

■ファンからは心配の声

たかがSNS、しかし、されどSNS。そんなふうに思うファンも少なくないようで、心配の声も出ている状況だ。

もっとも、同じ志を持った仲間たちが亡くなったことを考えると、たった数日で心の整理がつくはずもないだろう。今は、彼らの心が落ち着くのをゆっくりと待ちたい。

・合わせて読みたい→京アニ火災で知る「心の支え」が簡単に壊される絶望 『聲の形』解説とともに

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

平野綾、京アニ放火事件に言及 ツイッター更新途絶える他声優にも心配の声