Photo: ギズモード・ジャパン

見てる方は笑ってますけど、飛ばしてる方は真剣なんですって!

誰にでも操縦できる、センサー完備のドローンとは違う、マニュアル操作ドローンの世界。センサーがないからとにかくマシンが軽いのが特徴で、レースだったり動きの激しい空撮に使われたりする、プロ用ドローンの一種です。

今回、現役プロドローンレーサーえりんぬさんのレクチャーでレースドローンに挑戦したギズモード編集部・山本が、初フライトに挑戦してみました。

えーっと、結論から言うと飛ばせませんでした! 空中で静止する「ホバリング」すら満足にこなせなくって、気を抜くとあっというまにドローンが天井にぶつかります。上下させているだけのはずなのに、フワフワとどこかへ飛んでいくドローン...ふつうに飛ばせる日は来るのでしょうか? ひとまず練習あるのみです。

ドローン教室、はじめました!

ドローンめっちゃ楽しい! これもっと流行って!」という思いのもと、株式会社LABOTさんギズモード・ジャパン合同でドローン教室クラウドファンド方式で開催します。講師はえりんぬさん。ご興味あれば、下記のリンクから参加券(チケット)をチェックしてみてくださいね。ご応募お待ちしてます!

開催日:
 第1回:2019年8月3日(土)~4日(日) [イベント参加はこちらから
 第2回:2019年8月10日(土)~11日(日) [イベント参加はこちらから

会場:
 東京都渋谷区円山町23-2 アレトゥーサ渋谷6F[map

参加費用:
 3万円(親子ペア2日間)。早割だと2万7000円になります。

定員:
 各回ごとに14席

子供も大人も楽しめるホビーなので「夏休みの親子教室」という風情です。2日の講座で、電子工作といったハードウェアも、プログラミング的なソフトウェアもまとめて体験できる、よくばりなカリキュラムになっています。

参加までの流れ
1.参加したい日程のmachi-ya by CAMPFIREアクセスする
2.サイトの左ブロックの「プロジェクトを支援する」をクリック
3.イベント参加権(チケット)を選んで、メールアドレスと支払い方法を選ぶ。(すでにCAMPFIREの会員である場合、ログインすることでメールアドレスの入力を省略できます)
4.参加者が4名(4組)以上になった場合、教室が開催されます。3.で選んだ支払い方法で参加費用が決済されます。参加者が3名(3組)以下だった場合、教室は開催されず、支払いは発生しません。
5.教室が開催される場合、登録したメールアドレス宛に参加案内メールをお送りします。
6.イベント開催日時に、開催場所までお越しください!

FPV Drone PLAY-ON シリーズ動画

時速100kmの「空飛ぶミニ四駆」。空撮とは景色が違う、レース用ドローンに出会った【FPV Drone PLAY-ON EP01】

FPV用のカメラを搭載したドローンの操作には、アマチュア無線4級と送信機の開局、もしくは陸上特殊無線技術者の監督等が必要です。本記事は各種法令を遵守して制作されています。

Source: YouTube