ガンバ大阪は25日、サンフレッチェ広島に所属するブラジル人FWパトリック(31)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2020年1月1日まで。同期間中、広島との全公式戦に出場できない。また、背番号は「18」に決定。本日からG大阪に合流する。

川崎フロンターレや、ヴァンフォーレ甲府G大阪を渡り歩いたパトリックは、2017年夏から広島でプレー2018年に明治安田生命J1リーグでキャリアハイの20ゴール(33試合)をマークした。だが、今シーズンは13試合3得点。序列を落としている状況だった。

そのパトリックは、2014年夏から2017年夏までG大阪で活躍。チームが降格圏に瀕した2014年は途中加入ながら公式戦27試合15得点を記録すると、J1リーグの大逆転優勝など国内3冠達成とともに、個人としてもJリーグベストイレブンに輝いた。

浦和レッズとの争奪戦も指摘されるなかで、G大阪復帰を決断したパトリック。移籍決定を受け、両クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

ガンバ大阪
「新たなチャレンジがしたく、移籍を決断しました。ガンバ大阪というクラブの歴史には自分の名が残っていると思いますが、離れた後も自分が真摯に取り組んできたからこそ、今回も声をかけていただいたと思っています。僕のハートの一部はガンバの色に染まっているし、今でも強い思い入れがあります。チームサポーターも強い気持ちがあります。またガンバに戻れることを嬉しく思うし、強いガンバにできるように頑張りたいと思います」

サンフレッチェ広島
コメントまず、サンフレッチェ広島が自分と家族にしてくれたことに感謝しかありません。今まで自分がこのクラブで取り組んできたことだけでは恩返しできないぐらいの厚いサポートをしていただきました。広島ではタイトルを獲ることが目標でしたので、この時期に去るのは心苦しいですが、このクラブはずっと僕の心に残るチームですし、どこに行っても応援しています。また、サポーターにはピッチで熱い応援と後押しをしていただいただけでなく、街でも声をかけていただき感謝しています。本当にありがとうございました

今夏復帰の日本代表FW宇佐美貴史に続いて、パトリックの帰還も決まり、国内3冠達成時代の強力コンビが再集結したG大阪。J1リーグ6勝6分け8敗の11位につけるなかで8月2日に行われる次節、15位に位置するヴィッセル神戸ホームに乗り込む。

サムネイル画像